【衝撃の事実】18歳で痛風を発症、激痛に苦しむ!「アレ」を食べ過ぎるなと警告!さらに尿酸値を下げる食べ物もご紹介!!

【衝撃の事実】18歳で痛風を発症、激痛に苦しむ!「アレ」を食べ過ぎるなと警告!さらに尿酸値を下げる食べ物もご紹介!!

18歳で痛風を発症する可能性が…

痛風はある日突然、足の関節などが、腫れて痛み出すものす。
その原因として尿酸が挙げられます。

尿酸が血液中に増えすぎると、関節の軟骨(滑膜)に付着して結晶となります。

そこから溜まりすぎた尿酸がはがれて、炎症物質が激しい痛みや腫れを引き起こすのです。

≪スポンサーリンク≫

痛風の原因である尿酸は、プリン体が分解・合成されることなのです。
古くなった細胞が、新陳代謝で分解されると、細胞の老廃物として増加します。

激しい運動などで、大量のエネルギーが使われると、
エネルギーの燃えかすとして、これまた増加してしまうのです。

『痛風』は中高年の男性に好発する病気です。
風が吹いただけで痛むことから、「骨の中からえぐり出される痛さ」などと呼ばれます。

10代で発症する人もいます。そこで、
18歳で痛風を発症したという男性にお話をもとに、まとめていきます。

プリン体の過剰摂取に気をつけて!

この男性は18歳の秋に、右足の膝にわずかな痛みを感じたのです。
その頃、筋トレで『やりすぎたかな?』と考えましたが、
激痛が右足の親指にまで広がって、病院へ受診することになりました。

患部を見た医師は『これは痛風ですね』とすぐさま答えました。
『痛風は太ったおじさんだけではありません』

『現代は飽食の時代で、若い人でも食生活に問題があれば、
痛風になります』

プリン体の摂取量が、大きく関わってくることは、
間違いの無い研究結果だと考えられているのです。

日頃から、信頼できる医師のもと、
健康管理をしていくのが、元気で長生きの近道であると、改めて考えた次第です。

血液中の尿酸が、関節周辺に沈着して、
ある日突然に、強い炎症を引き起こすことで激痛を伴う症状が出現します。

それでは、次のページで尿酸値を下げると言われる食べ物をご紹介します!

次ページへ続きます

関連記事