【涙腺崩壊】「パパのお弁当はせかいいち」高校3年間娘の弁当を作った父親が最後のお弁当に入れたメッセージに涙が止まらない・・・

【涙腺崩壊】「パパのお弁当はせかいいち」高校3年間娘の弁当を作った父親が最後のお弁当に入れたメッセージに涙が止まらない・・・

「パパのお弁当はせかいいち」

2017年4月に大学進学が決まっている高校3年生のみどりさんにとって、2016年の12月8日が最後のお弁当の日となりました。

高校生活の3年間、みどりさんのお弁当を作っていたのはみどりさんのお父さん。

そして最後のお弁当にはお父さんからのメッセージカードと、1枚の写真が添えられていました。

≪スポンサーリンク≫

写真は高校最初に作ったお弁当。「3年間パパのお弁当を食べてくれてありがとう」で始まるメッセージカードには次のように書かれていました。

みーちゃん 3年間パパのお弁当を食べてくれてありがとう。

この写真はね、みーちゃんが高校に入って初めて作ったパパの手作り弁当だよ!
気持ち悪いね(笑)

でも、3年間作っていたら、だんだん上手になった。

みーちゃんは、たとえまずくても、マズイって言わなかったね。
たまにお腹が痛くなったり、腐ってたり、友達からおかずもらったり、本当にゴメンネ。

最後は精一杯頑張って作ってみました。

大学からは学食かな?
たまにはまたパパのお弁当食べてね。

3年間ありがとう。そして大学おめでとう。

引用元: heaaart.com/post/231562

最初のお弁当はお父さんにとっても不本意な出来だったようです。

みどりさんも恥ずかしく思ったこともあったといいます。それでも文句を言わずに食べてくれたみどりさんへの感謝の言葉が綴られていました。

そして3年間の上達ぶりがよくわかる最後のお弁当がこちら!

このメッセージを見て派手に泣かされたというみどりさんは、ツイッターにお父さんへのメッセージを投稿しました。

次ページへ続きます

関連記事