【驚愕】爺「ガキがうるせえ!」赤ちゃん連れママ「す、すみません…」⇒ 爺が赤ん坊を殴ろうとした瞬間、ママが豹変した

【驚愕】爺「ガキがうるせえ!」赤ちゃん連れママ「す、すみません…」⇒ 爺が赤ん坊を殴ろうとした瞬間、ママが豹変した

平日の昼間、電車の中で、赤ちゃんを抱っこした若い母親と同じ車両に乗った。
赤ちゃんはおとなしく無言で、ドアが開いたり閉まったりするのを珍しそうにジーっと見たり、天井をキョロキョロしていた。

車内は席がほぼ埋まるくらいの混み具合で、おばさんが席を譲ったが、子供が飽きると困るからと断って母親は立っていた。
赤ちゃん可愛いくて、近くに座ってたおばちゃん二人が「可愛いわね~」と話したりしてた。

≪スポンサーリンク≫

少しして、隣の車両から「チッ、くそっ!」とかブツブツ言いながら爺がやってきて、
空いている椅子に座った。ずっと頬を押さえて、イテェイテェ言ってたから多分歯でも痛むんだろーなーっとぼんやり考えてた。

そして突然、何の前触れもなく 「ガキがうるせーんだよ!!さっきから!!」と爺がキレた!!
乗客全員びっくりして爺を見ると、その赤ちゃん連れの母親の目の前に立って、怒鳴っていた。

爺「さっきからキョロキョロキョロキョロうるさいんだよ!!(←赤ちゃんは一言も声をあげていない)こっちは朝から歯が痛くてイライラしてんのによぉ!」
母親「(困った顔をしておびえながら)・・す、すみません・・・」

じじぃ、赤ちゃんはおとなしく乗ってたじゃねぇかよ!初めての電車か何かで色々珍しいんだろ!キョロキョロがうるさいってなんだよ!!
一気にその場の空気が重くなり、だいたい今時の若い親は云々~と説教始めたじじぃに、今にも泣き出しそうな母親。

すると…

次ページへ続きます

関連記事