【自業自得】誰もが羨む有名企業に入社したAが、勤続10年でいきなり脱サラ。駅前にパン屋をオープンさせた結果・・・

【自業自得】誰もが羨む有名企業に入社したAが、勤続10年でいきなり脱サラ。駅前にパン屋をオープンさせた結果・・・

お気に入りのまとめサイトに惣菜の話があったので便乗

私の友人A子は、誰もが羨む大手企業に新卒で採用され
正社員で花形部署で働いていた
日本で5本の指に入るくらいのトップ企業で、 ボーナスもたっぷり
入社一年目から長期の休みは海外旅行に行って
ブランド物を買いまくって楽しいでいたし
ネイルサロン通いも、お稽古ごとも充実していた

そんなA子がパン作りにハマった
そして独身のまま32歳になり、なんと脱サラ
地元の駅前の一等地のビルの1階のテナントにパンやをオープンさせた

≪スポンサーリンク≫

女の子らしく「将来カフェを開きたい」と漠然とした夢があったらしく
アラサーでパン作りにハマったので急遽パン屋さんに変更
製菓学校でパンを専攻したわけでもなく
どこかのパン屋で修業しわけでもなく
大手企業に実家から10年通勤し
無駄に貯金だけあったので無謀な挑戦だった

オープン初日にお店に行ったけど、なんか微妙だった
お店のインテリアは可愛いんだけど「素人がお店やりました」感がぬぐえない
そして雨が降ってきたのに傘立てがなく
私が慌ててフランフランで買ってきてプレゼントしたほど
そして驚いたのが、A子、大量の小麦粉やバターを近くのスーパーで買ってた
普通こだわって選んで業者から購入するでしょうに

パンは普通だった
マズくはないけど、別に美味しくないし
パン作りが趣味の主婦の人と変わらないレベル
しかし家賃や人件費がかかるので、パンはぼったくり値
あまりにお客が来ないので、徐々に値段を下げたけど
コンビニ以下レベルのパンをコンビニ価格の2~3倍で売ってたので
お店はいつも閑古鳥が鳴いていた

次ページへ続きます

関連記事