【涙腺崩壊】天国に行ってしまったママを探すため警察に電話をした5歳の少年。対応した警察官が送った言葉とその後の行動とは・・・

 

今回は、ある男の子と警察官の感動の物語をご紹介します。

 

小さな町の警察署の電話が鳴り、警察官が応対します。しばらく待っても何も聞こえてこないため、イタズラ電話だろうと受話器を置こうとした瞬間、幼い男の子の声が聞こえてきました。

 

「ママを捜したいの」

 

電話をかけてきたのは5歳の男の子でした。男の子が電話をかけてきた理由を知ったその警察官は、思わず目頭が熱くなります。

もちろん、この子のママが帰ってくることはありません。

しかし…

≪スポンサーリンク≫

 

「この子のために出来ることはないか」

そう思ったその警察官は、彼にあるアドバイスを送ります。

そして、さらに驚きの行動に出るのです…。

次ページへ続きます

関連記事