【驚愕】刑期を終えた「空き巣」さんが、某ネット掲示板に降臨!衝撃の事実を大暴露www

【驚愕】刑期を終えた「空き巣」さんが、某ネット掲示板に降臨!衝撃の事実を大暴露www

元空き巣が、衝撃の事実を大暴露!

刑期を終えた、元空き巣さんが某ネット掲示板に降臨しました。
この方は、更生されているという事を前提に、話を進めていきます。

書き込まれた内容から、どういう場所に空き巣に入るのか、
又、逆に空き巣の被害に、遭わないためにはどういう事が必要なのか。
空き巣対策として、とても有効な事項が多いので、参考にして下さい。

年末年始やお盆、ゴールデンウィークなど、
旅行や地方への帰省で、住居を留守にする方も多いのではないでしょうか。

そんな時、どんな住居が空き巣の被害に遭うのか、
数日間~長期、家を空ける前に、何に気をつけておくことが重要か。
参考になります。どうぞご覧ください。

≪スポンサーリンク≫

空き巣に対する防止策!

空き巣の被害に遭わないためには、
どういう注意が必要なのか、書き出してみます。

新聞を止める

旅行に行くときや、長期に留守にする際は、
新聞は必ず止めることが必要です。
新聞が郵便受けなどに溜まっていると、留守を知らせている事になります。

不用意なカーテンは、空き巣の死角になります。
カーテンで部屋を閉めるのは、死角を作ることになります。

お風呂の窓は閉める

お風呂の窓枠に格子があっても、開放したままは危険です。
窓枠を閉めてから、外出して下さい。

電気の付け方に注意

夜中、階段の電気が付いてると在宅率が高いと、
元空き巣さんは、ご存じなのです。

電気メーターも、空き巣はチェックしています。
家を出るとき際は、何処か電気をつけておくのは、
一つの防止策です。空き巣の予防になります。

 

そして、さらに・・・

次ページへ続きます

関連記事