【驚愕事実】秋葉原を「あきはばら」と、みんな当たり前のように読んでいるけど・・・何かおかしくない?

【驚愕事実】秋葉原を「あきはばら」と、みんな当たり前のように読んでいるけど・・・何かおかしくない?

電気街、そしてアニメ・サブカルの街として知られ、日本中だけでなく世界中から人々が訪れるアキバこと「秋葉原」。

“秋葉原”と書いて「あきはばら」と読みますが、じっくり地名と読みを見ているとある種の違和感を抱きませんか?

そう、漢字だけ見ると読みは「あきばはら」もしくは「あきははら」になるはずなんです。それにもかかわらず、一般的に読みは「あきはばら」と呼ばれています。

今回はこの読み方に謎がある秋葉原の地名についてご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

秋葉原の地名の遍歴

秋葉原は明治になってから生まれた地名

「秋葉原」と呼ばれる土地の出現は明治時代まで遡ります。

明治2年12月に大火が発生し、現在のJR秋葉原駅のある場所に防火用の空き地「火除け地」ができました。この場所に明治3年10月、明治天皇の勅命で鎮火社が建立されました。

この鎮火社では本来、火の神「火産霊大神(ほむすびのおおみかみ)」、水の神「水波能売神(みづはのめのかみ)」、土の神「埴山毘売神(やにやまのめのかみ)」を祀っていました。しかし江戸時代から火事の多かった江戸の街では、火防の神として静岡県に総本社のある「秋葉大権現」が信仰されていました。

そのような背景があったことから、秋葉大権現が勧請されたものと誤解した人々は鎮火社を「秋葉様」や「秋葉さん」と呼び、鎮火社のある火除け地は「秋葉様のある原っぱ」の意味で「秋葉の原(あきばのはら)」や「秋葉っ原(あきばっぱら)」、「秋葉ケ原(あきばがはら)」と呼ばれるようになりました。

秋葉大権現が祀られているという誤解は解かれることはなかったようで、いつの頃からか秋葉社と呼ばれるようになり、昭和5年には正式に「秋葉神社」と改名されたようです。

ちなみに、秋葉大権現は本来「あきはだいごんげん」と読むのですが、下町の訛りで「あきば」と発音が変化したそうです。

この秋葉大権現が勧請されたと勘違いされた「鎮火社の建立された火除け地」が秋葉原の名前の起源となります。

しかし現在、秋葉神社は秋葉原にはありません。

次ページへ続きます

関連記事