「私、世界で1番のブスです」学校でいじめられている中学生からの葉書。その少女に贈った中島みゆきの言葉に涙が止まらない・・・

「私、世界で1番のブスです」学校でいじめられている中学生からの葉書。その少女に贈った中島みゆきの言葉に涙が止まらない・・・

ラジオでは別人のような中島みゆき

1975年、シングル『アザミ嬢のララバイ』でデビューしたシンガーソングライターの中島みゆき。

4つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストで、幅広い世代に愛されるアーティストです。

暗い・せつない歌が多い中島みゆきですが、ラジオのパーソナリティでは軽妙な語り口で人気を集めました。

≪スポンサーリンク≫

月曜のパーソナリティを務めた『中島みゆきのオールナイトニッポン』は1979年から8年間続き、歴代5位の長さです。

2013年には月に1度の放送で『中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ』として復活。2018年9月まで放送されました。

多くのリスナーの心に残った1枚の葉書

『中島みゆきのオールナイトニッポン』では番組の最後にリスナーから寄せられた葉書を読むコーナーがあります。

その中で、多くのリスナーの心に残っている1枚の葉書がありました。

ペンネーム「生きるのって辛いね」という女の子から寄せられた葉書の内容は、「わたし、世界で一番のブスです。誰がみたってブスです。自分でもわかっています。」という言葉から始まります。

中学3年生でブスが原因でいじめられ、死にたいと思ったこともあるという彼女は、辛く苦しい思いと吐露し

みゆきさん、こんなわたしでも生きてて良かったと思うことありますよね。堂々と人前歩けるようになる日、きますよね。その日を夢見て頑張ります。そして、みゆきさんのコンサートの日には、今のわたしでないわたしになって見ようと思います。

引用元: https://blogs.yahoo.co.jp/hanshirou/41525609.html

と綴っていました。

この葉書を書いた少女に向けて贈った、中島みゆきの言葉とは・・・

次ページへ続きます

関連記事