【驚愕】テレビで見なくなってしまった戦場カメラマンの渡部陽一さん。テレビから消えた理由と、驚きの変身を遂げた現在の姿が・・・

【驚愕】テレビで見なくなってしまった戦場カメラマンの渡部陽一さん。テレビから消えた理由と、驚きの変身を遂げた現在の姿が・・・

渡部陽一さんがテレビに出るようになったきっかけは?

渡部さんのテレビデビューは、2009年のテレビ番組で受けたインタビューでした。それがきっかけとなり、徐々にテレビ出演のオファーが増えたそうです。

テレビ関係者から見れば、渡部さんはテレビ向きの要素を持っていました。ベレー帽をかぶった優しそうな風体と、一度聴いたら絶対忘れない独特のスローペースな喋りが印象強かったのです。

≪スポンサーリンク≫

渡部陽一プロフィール

本名 渡部 陽一 Yoichi Watanabe
出身地 静岡県富士市
学歴 明治学院大学 法学部 法律学科卒業
生年月日 1972/9/1

学生時代から世界の紛争地域を専門に取材を続ける。
戦場の悲劇、そこで暮らす人々の生きた声に耳を傾け、極限の状況に立たされる家族の絆を見据える。イラク戦争では米軍従軍(EMBED)取材を経験。これまでの主な取材地はイラク戦争のほかルワンダ内戦、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、アフガニスタン紛争、コロンビア左翼ゲリラ解放戦線、スーダン、ダルフール紛争、パレスティナ紛争など。

引用元: yoichi-watanabe.com/profile

一躍有名になった渡部さん、バラエティに引っ張りだこ!

キャラクターが見事にテレビにハマった渡部さんは、当初は戦場カメラマンらしく「世界の戦場の悲惨さを伝えること」を使命としていたフシはありました。

しかし、ほんわかとした印象は徐々にバラエティに好まれ、芸人から格好のいじられキャラの対象となりました。

渡部さん自身、上手くそんなキャラを演じていましたね。本当は戦場カメラマンとしての活動費を稼ぐためのテレビ出演だったのかもしれません。

戦場カメラマンとして現地での生の情報を伝えるためには長期間の滞在が必要になりますからお金が必要になります

金銭的な問題があるなか、そこに来てたまたまテレビで取り上げてくれたことにより出演させてもらえるのならと勢力的にテレビに出演することになったといいます。

引用元: media-groove.com/cameraman/

しかし、テレビで適当に毒の無いことを喋って、お茶を濁すだけで大金を稼げる旨味を知った渡部さんは、いつしかすっかりタレント化していたのです…!

そんな渡部さん、最近ではすっかりテレビで見なくなってしまいました。その理由は…!?

次ページへ続きます

関連記事