【行方不明15年】日本で一番ヤバいと言われる女児誘拐事件とは?その内容が衝撃的すぎる・・・

【行方不明15年】日本で一番ヤバいと言われる女児誘拐事件とは?その内容が衝撃的すぎる・・・

泉南郡熊取町小4女児誘拐事件とは?

大阪府泉南郡熊取町(せんなんぐんくまとりちょう)で、
2003年(平成15年)5月20日に起こった、誘拐事件です。

大阪府泉南郡熊取町七山地区で、発生した失踪事件。
2018年(平成30年)7月現在、犯人逮捕に至っていません。

不明になった女児も依然として見つかっておらず、
この未解決の誘拐事件は、泉南郡熊取町小4女児誘拐事件と呼ばれています。

≪スポンサーリンク≫

事件発生当時の状況

2003年(平成15年)5月20日、4年生の女児(事件当時9歳)は、
社会科見学を終えて、同級生3人と一緒に帰宅しています。

自宅から約560mの地点の交差点で、
同級生3人と別れました。その後、別の同級生が女児自宅から、
約400mの地点で目撃されたのが最後でした。

家族が帰宅していないことを学校に連絡し、
それから捜索が開始されたのですが、現在に至るまで遺留品さえも発見されていません。

しかし、事件発生から15年経ち、新たな展開がありました。

次ページへ続きます

関連記事