【驚愕】『マネーの虎』に出演していた社長たちのヤバすぎる末路とは・・・「負債167億円」の人も!?

【驚愕】『マネーの虎』に出演していた社長たちのヤバすぎる末路とは・・・「負債167億円」の人も!?

『マネーの虎』とは

「マネーの虎」とは2001年から2004年の間に放映されたバラエティ番組で、起業家たちが自分たちの事業に投資してもらうために、「虎」と呼ばれる大物経営者たちにプレゼンをするという内容です。

起業家たちの事業計画のわずかな隙に容赦なく噛みつく虎たちと、負けじと反論する起業志望者たちの白熱した攻防が見ものの番組でした。

≪スポンサーリンク≫

志願者による自分がやりたい事業や、願望を抱く夢に関するプレゼンテーションに対して、「マネーの虎」と呼ばれる大物起業家達が自腹で現金を出資するか否かの判断を下す。虎達の出資予定額の合計が、志願者の希望金額に到達すれば「マネー成立」となり、志願者は虎達からの出資金を獲得できる。

ただし、虎達の出資予定額の合計が志願者の希望金額に到達しなければ「マネー不成立」となり、志願者は虎達からの出資金を一切受け取れない。またマネー成立後でも、後日プレゼンの中に嘘や偽りが発覚したり、予定していたノルマに達しなかったりすると「ノーマネー」となる。

引用元:ウィキペディア

大物「虎」たちの現在とは…

そんな『虎』達の現在がどうなっているのか…?

気になるその後の経緯をまとめましたので、ご覧ください。

1.堀之内九一郎

(当時:株式会社生活創庫代表取締役、年商102億)
→倒産し負債15億を抱える。2014年12月のフライデーの取材を「今はそっとしておいてくれ」と拒否。
現在70歳近くなので復活するのは厳しそうかも。

引用元: nanzous.com/torasonogo/

2.吉川幸枝

(当時:株式会社よし川代表取締役、年商50億)
→一時は負債20億となるが現在は完済、順調。

引用元: nanzous.com/torasonogo/

3.加藤和也

(当時:株式会社ひばりプロダクション代表取締役、年商非公開)
→現職として活躍中。順調。

引用元: nanzous.com/torasonogo/

4.貞廣一鑑

(当時:株式会社ラヴ代表取締役CEO、年商25億)
→Jellyfish.(株)→(株)商業藝術へ社名変更を続けるが、会社は拡大中。順調。

引用元: nanzous.com/torasonogo/

5.南原竜樹

(当時:オートトレーディングルフトジャパン株式会社代表取締役、年商55億)
→一時は負債50億を抱えホームレスにまでなるが、現在は様々な事業で成功し大復活。
Twitterやってるみたいです。一番現役な印象。2016年しくじり先生への出演も果たしました。

引用元: nanzous.com/torasonogo/

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事