【酷い】超ブラック会社に就職 ⇒ 俺『転職したい』家事手伝いの彼女「仕事は辞めないで」俺『…』 ⇒ 彼女のために、6年必死で耐えた結果・・・

【酷い】超ブラック会社に就職 ⇒ 俺『転職したい』家事手伝いの彼女「仕事は辞めないで」俺『…』 ⇒ 彼女のために、6年必死で耐えた結果・・・

6年前、俺が潜り込んだ企業は超ブラックだった。
数人の団塊ジジイが就職氷河期で行くとこない新卒を無茶使いする中小企業。
10人入った俺の同期は2年で俺以外全滅したし、俺の下に毎年入る新人もそんな感じだった。俺も半年くらいでここはやばいと思い、転職を考えた。

だが、大学から付き合ってた彼女には「仕事続けてよ」と言われた。
大した大学出てない俺が今の会社やめたら、次はいつ正社員になれるかわからないからという事だ。

≪スポンサーリンク≫

彼女は、俺の嫁になれるのを待ってると言って、ずっと実家で家事手伝いとたまにちょっとだけバイトやってた。
正直彼女にもちゃんと就職くらいしてもらいたかったが、結婚は考えてたし男の俺が生活安定させないと、と思って会社に残って頑張った。
壮絶な残業地獄とストレスの山を耐えて、耐えて、耐えた。
プロポーズしたかったが、この仕事の状態では無理、幹部になるまで待ってもらおうと思って頑張った。

今年4月、黒字で決算超えたのに、社長が「俺も幹部連中も歳だし隠居する」と会社を突然たたんだ。
無職になったと同時に倒れ、5月から3週間入院した。体と自律神経がボロボロになってた。
彼女は週一でしか見舞いに来てくれなかった。

退院した後会って「しばらくゆっくり休んで、体直したらまた再就職頑張るから」と言うと、不満をぶちまけられた。
「6年待って結婚する人が無職の病人になった私の気持ちも考えてよ」
「あなたに人生狂わされた」
「そもそも体壊してまで会社にしがみつくのは頭悪いと思う」
とどめになった一言は、
「退職金けっこう出たんだよね?私にも保証金あってもいいよね。それで私一人で自由にやりたい」
絶望で目の前が暗くなった。

次ページへ続きます

関連記事