【注意】これだけはやっちゃダメ!!実際にディズニーランド出入り禁止になった行為5選!

【注意】これだけはやっちゃダメ!!実際にディズニーランド出入り禁止になった行為5選!

ディズニーランド出入り禁止になる行為5選!

“夢と魔法の国”・ディズニーランド。

1955年にアメリカでオープンしたこのテーパマークは、現在は東京、パリ、香港、上海にもあり世界中で人気を誇るテーパマークとなっています。

来場者を楽しませるサービスの逸話や、都市伝説など様々なことが語られるディズニーランド。しかし、いくら夢の国と言えども、やってはいけないことがあります。実際にやってはいけないことをして退場を命じられたり、出入り禁止なる人もいるのだとか。

一体なにをやったら出入り禁止になるのか?実際に出入り禁止になった事例を5選お届けいたします!

≪スポンサーリンク≫

1.「覚せい剤が作れる」 と冗談を言ったら…

ディズニー系のホテルに一家で宿泊した男性が、スタッフの対応の遅さに苛立ったばかりに

「待っている間に、部屋で覚せい剤の密造所が作れるな」

引用元: news.livedoor.com/article/detail/11249015/

と、冗談を言ったつもりが真に受けたホテル側は警察に通報!一家はホテルから追い出されたそうです。

2.暴れてキャストに怪我を負わせて…

2013年にディズニー・ワールド内で開催されたワインフェスでのこと。

訪れていた米海軍兵学校の卒業生がワインを飲んで酔っ払って暴れだし、 キャストに怪我を負わせて逮捕される事件があったそうです。

3.難病の子どもを侮辱したら…

ディズニーランドで行っている “メイク・ア・ウィッシュ”と呼ばれる難病の子どもたちの夢を叶えるプログラムでは、難病の子どもたちを優先搭乗させています。

並んでいるところにそれを見たある女性が

「ズルい」
「そんな子供に横入りさせるな」

引用元: news.livedoor.com/article/detail/11249015/

と騒ぎ出し、スタッフが事情を説明することとなりました。しかし女性は収まらず、騒ぎ続けたために出入り禁止を言い渡されたそうです。

さらには、こんな理由で追い出された人も・・・

次ページへ続きます

関連記事