【驚愕事実】1ヶ月断酒した結果 ⇒ 心と身体へ及ぼす7つの影響とは・・・?

【驚愕事実】1ヶ月断酒した結果 ⇒ 心と身体へ及ぼす7つの影響とは・・・?

「1ヶ月の断酒」と聞くと、たった1ヶ月なら簡単だと感じるかもしれません。でも、毎日の晩酌が楽しみという人にとっては、「1ヶ月の断酒」はかなり辛いもの。 それでも多くの研究で、1ヶ月の断酒には短期的にも長期的にも大きなメリットがあることが明らかになっています。

今回は、習慣的にお酒を飲んでいる人が1カ月間断酒した結果、体内でどのような変化が起こるかをご紹介します。

≪スポンサーリンク≫

1. すぐに飲みたくなる

1ヶ月くらいならできるだろうと断酒を決意しても、習慣を変えるのは難しいもの。飲み会を断ったり、コンビニに寄らないようにしたり、色々な工夫が必要かもしれません。もしそれでも3日と続かない人は注意が必要です。意思の力ではコントロールできないほどお酒が飲みたくなる場合は、アルコール依存症かもしれません。まずは自分が依存症だと自覚することが大切です。

2. 体調が良くなる

わずか1カ月の断酒でも、全身の健康状態が著しく改善します。「活力が増した」「集中力が高くなった」「ストレスを感じにくくなった」などの効果が報告されています。

3. ぐっすり眠れる

お酒を飲まないと眠れないという人がいます。確かにお酒を飲むとすぐに眠りに落ちるのですが、体内でアルコールを分解するために眠りが浅くなり、疲れやすくなります。さらに、いびきをかきやすくなり、睡眠時間が短くなり、寝不足にもつながります。断酒することで、睡眠の質が良くなり、翌日すっきり目覚めることができますよ。

 

※さらには、こんな効果も…!?

次ページへ続きます

関連記事