【要注意】アナタは大丈夫!?子育てでよくやってしまいがちな間違った行動9選

【要注意】アナタは大丈夫!?子育てでよくやってしまいがちな間違った行動9選

子どもの健やかな成長を願うのが親心。でも直感的に正しいと思ってやっていたことが、実は間違っていることもあります。 場合によっては、気づかないうちに子どもにとって害となっていることも。

今回は、子どもを守るために知っておくべき9つの注意点をご紹介します。

1. ベビーベッドにおもちゃを置かないで

赤ちゃんのベッドにはマットレスとシーツ、そして小さな毛布があれば十分です。かわいいぬいぐるみやおもちゃと一緒に寝かせてあげたいという親心はわかりますが、ベッドに置かれたぬいぐるみやおもちゃで子どもが窒息する事故が実際に起きています。特に乳幼児期にはベッドに色々な物を置かないようにしましょう。

≪スポンサーリンク≫

2. 夜は電気を消して

子どもが少し大きくなると、暗いのは怖いから電気を消さないで!と言われることがあります。でも子どもの健康のためには、寝るときは常夜灯を含めて電気は消した方がよいのです。というのも、睡眠ホルモンである「メラトニン」は真っ暗なときに最も多く分泌されるのです。メラトニンが多く分泌されると睡眠の質が上がり、成長ホルモンが多く分泌されます。つまり、子どもの成長のためには真っ暗にするのが一番。でも、どうしても暗闇を怖がって眠れないなら、ベッドサイドにオレンジ色の間接照明をつけて、眠りに入りやすい環境を整えてあげましょう。

3. 自分で食べるようになったら、スプーンで食べさせるのはやめる

子どもが自分で食べ物を食べることができるようになったら、親は食事を極力手伝わないほうがいいようです。幼少期にスプーンで食べ物を与えられる時間が長いほど、その後の人生で肥満になりやすいという研究結果が出ています。これは、食べさせられることに慣れると、子どもが自分の食べる量を推測することが難しくなり食べ過ぎてしまうため、結果的に体重が増加するからだと言われています。逆に、自分で食べる子どもは自分のペースで食べるという選択肢があるため、健康的に食べる習慣が身につくのです。

4. 無理に食べさせない

親は(そして、特におじいちゃん、おばあちゃんは)、子どもが食事を残すことを嫌がる傾向があります。確かにもったいないし、たくさん食べて大きくなってほしいですよね。でも十分に食べたと自分で判断したのであれば、子どもの判断を尊重しましょう。無理に食べさせていると、子どもはいつ食べ終えるべきかわからなくなり、不健康な食習慣が身についてしまいます。

でも…食べないと大きくならないのではと不安かもしれませんが、ご心配なく。小さい子どもは一度にたくさんの種類を食べなくてもいいのです。逆に、多くの栄養素を吸収しすぎると、消化器系に問題が生じることがあります。

5. くすぐらないで!

子どもが笑っている=楽しんでいると勘違いして、子どもをくすぐる親は大勢います。でもカリフォルニア大学の研究者らは、くすぐられて笑うことと楽しくて笑うこととは同じではないことを発見しました。くすぐられて笑うのは、コントロールできない反射であって、幸せな笑いではありません。子供はくすぐられるのが嫌でも笑い続け、親はいつやめるべきか判断できません。子どもが「くすぐって!」と言うとき以外は、くすぐり遊びはやめておきましょう。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事