【知っておきたい!】「制汗剤を塗ったのに体臭が気になる…」そんな恥ずかしい状況を確実に回避できる!ライフハック8選

【知っておきたい!】「制汗剤を塗ったのに体臭が気になる…」そんな恥ずかしい状況を確実に回避できる!ライフハック8選

忙しい毎日、目の前のことで精一杯になると髪の毛のお手入れや外見のことがおろそかになりがち。

ふと鏡を見て、汗でメイクが落ちてベタベタ髪の自分の姿にギョッとしたことはありませんか?ちょっとショックですよね。

でも今回ご紹介する8つのライフハックのような、ほんの少しの工夫をしておくだけで忙しい時でもスマートな姿でいることができます。

きっと次回鏡に映る自分の姿に自信がもてるはず!

≪スポンサーリンク≫

1. 汗でベトベトの髪の毛

エクササイズの後やシャワーを浴びた直後、それから強風で髪の毛がめちゃくちゃになった時は、セットする時間がなければ思い切ってムースをたっぷりつけて、髪の毛をまとめてオールバックにしてみましょう。意思の強い女性のイメージにぴったりのグラムルックの出来上がりです。

2. 脇の下が臭う

制汗剤を塗っても体臭が気になる人は、この昔ながらのレモンを使った殺菌方法を試してみてはいかがでしょう。半分に切ったレモンを、脇の下に塗りつけます。レモン汁が乾いたらシャワーを浴びて洗い流しましょう。朝のシャワー時に毎日続けると、体臭が軽くなっていきます。

3. 汗をかく時期のメイクに

汗をたくさんかく夏場は、せっかくメイクをしても数時間後には汗と一緒に流れていってしまいます。そんな夏場のメイクの攻略法として、特に汗をかきやすいおでこから鼻筋にかけてのTゾーンにデオドラント(制汗剤)を塗る人もいます。

4. パンツのラインが気になる

お気に入りのドレスやスカート、ズボンなどを履いたらパンツの線がくっきり浮かび上がっていたなんてことはありませんか?今まで気づいていなかっただけで、もしかしたら普段からパンツ線丸見えだったりして…。そんな悲劇を防ぐ為にも、白い生地や薄い生地のボトムスをはくときは補正下着を身につけるようにしましょう。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事