【シェアお願いします】「福島県民お断り」というタイトルで女子中学生が書いた作文。偏見と共感…SNSにて大反響を呼ぶ

SNSを中心にある女子中学生が書いた「福島県民お断り」という作文が反響を呼んでいます。

この作文は、法務省と全国人権擁護委員連合会が主催する「第36回全国中学生人権作文コンテスト」に応募されたもの。「人権尊重の重要性、必要性についての理解を深めるとともに、豊かな人権感覚を身につけること」を目的とし開催されています。

今回、「福島県民お断り」は過去最多の158校9999編の応募があった県大会で仙台法務局長賞、7338校97万2553編の応募があった県大会で仙台法務局長賞を受賞しました。

≪スポンサーリンク≫

 

受賞作品を書いたのは、女川町女川中3年門馬瑠々さん。忘れもしない、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震。地震に襲われ、とそれに伴って発生した津波に多くの人々や家屋が流され、更にその後の余震により引き起こされた大規模地震災害。

福島県南相馬市で生まれ育った門馬さんは、避難を余儀なくされ、福島第一原子力発電所の事故により故郷を失いました。人が住める場所ではなくなってしまった故郷を後にした彼女に待ち受けていたのは福島県民お断りという「偏見」

その作文の内容とは…

次ページへ続きます

関連記事