【復讐】俺をイジめていたAが「10万貸して」俺「いいよ、借用書書いて」⇒ 予想通りバックれたので、復讐開始

【復讐】俺をイジめていたAが「10万貸して」俺「いいよ、借用書書いて」⇒ 予想通りバックれたので、復讐開始

警察官繋がりで書かさせてもらいます
もっとも本筋には関係ないんですが。

登場人物の紹介を。
私、21歳高卒警察官
復讐相手A、同級生

大した話ではないのでザックリと書きます。

≪スポンサーリンク≫

高校時代3年間同じクラスだった同級生Aを中心に三年生になった途端虐められ始めた。大した理由もなかったんだと思います。結局私は便所飯などの経験を経て三年生の12月に通信制の高校へ転校しました。
その後20歳までは勉強しながら遊ぼうと決めていたのでフリーターをしていました。
Aは高校を卒業後地元の中堅企業に就職しました。

ある日バイトが終わり深夜近所のコンビニに立ち寄ると、Aが偶然いました。
Aはこちらに気付き話かけてきたので表面ではニコニコしてましたが内心はらわたが煮えくりかえってました。
えらく饒舌なのでどうしたのかと思ってはいたのですが結局のところ10万円貸してくれないかとのこと。

ここで復讐を閃きました。

次ページへ続きます

関連記事