【修羅場】電車内で超絶美少女を見かけた日から、豹変した彼氏。彼氏「ブスなお前とは別れる」私「OK」→ まさかの修羅場に巻き込まれる・・・

【修羅場】電車内で超絶美少女を見かけた日から、豹変した彼氏。彼氏「ブスなお前とは別れる」私「OK」→ まさかの修羅場に巻き込まれる・・・

電車内で目の覚めるような超絶美少女を見かけた彼氏は・・・

修羅場というべきなのかわからないけど・・・

私子:中肉中背ひたすら美人ではない
彼男:高身長、一般人としてはイケメン
可愛子:その辺のアイドルより可愛くて綺麗
友子:可愛子の友人で美人系
化粧子:私子の友人で顔面詐欺師

引用元: kijonotakuhaibin.com/archives/39031486.html

ある日、彼男と私子が電車に乗っていたら車内で目の覚めるような超絶美少女が乗っていた。

女の私でも一目惚れしそうなほどの可愛さで、車内の男性たちの目は彼女に釘付け。当然、私の彼氏だった彼男も同じ。

まさに目の保養ってやつで、彼男と一緒に帰る途中でも「綺麗だったね~」とか話していた。

≪スポンサーリンク≫

でも彼氏はその日から豹変して、私子の容姿を責め立てるようになってしまった・・・

なんでロングヘアじゃないんだ。
なんで髪がこんなに太いんだ。
もっと細くてサラサラじゃないなんておかしいじゃないか。
なんで色がこんなに黒いんだ。
なんでお前はタレ目ぎみなんだ。
なんで奥二重なんだ、二重に見えないじゃないか。

引用元: kijonotakuhaibin.com/archives/39031486.html

自分でも美人じゃないと自覚はあったけど、ここまで責められるいわれはない。

でもテレビに女優さんやモデルさんが登場する度に、私子を見て彼女たちと比較して責める責める・・・

流石に堪忍袋の緒が切れた私子は、遂に彼に

「なんでそんなこと言うの?そんなに言われたら私だって傷つくよ!」

引用元: kijonotakuhaibin.com/archives/39031486.html

と怒ると、彼男はこう言い放った

「あ~あ、開き直りかよみっともねぇ。自分のブス度棚に上げて。俺って不幸だよな。
外見悪いはそれ反省しないは、中も外も最低女とくっつけられて。」

引用元: kijonotakuhaibin.com/archives/39031486.html

この言葉に私子は開いた口がふさがらなくなってポカーンとしてしまった。

というのも、元々彼男はDQNとは縁遠いタイプで、むしろ優しい穏やかな男性だったから。

それがここ数日の豹変ぶりには、別人に入れ替わったのかとしか思えないほど。

それからは、元の彼男に戻って欲しいという気持ちと、あれが本性ならもう無理という気持ちで揺れ続けていた。

彼男から別れ話

するとある日、彼男が「別れる」と言ってきた。好きな子がいるから、と。

その好きな子とは、あの日電車の中で見かけたあの美人の可愛子だった。それを聞いて私はあの子が相手ならしょうがない、と納得した。

心が揺らいでいたこともあって、未練はすぐに消え去った。そして同時に思ったのは

「彼男に可愛子は無理じゃね?」

引用元: kijonotakuhaibin.com/archives/39031486.html

ということだった。暴言を吐きながら醜く顔を歪ませる彼男の本性を見てしまったからだと思う。

しかし、私は心で思っただけでなく、うっかり口に出してしまったようだ。

次の瞬間、彼男に襟首を掴まれた私子は、ファーストフード店の壁に叩きつけられてしまった。瞳孔が開いた目ってのを生まれて初めて見たように思う。

別れ話を二人っきりの場所じゃなくファーストフード店でして正解だったな・・・

とか思いながら意識が薄れていったのは覚えてる。長い間気を失っていたわけではないが、次に記憶があるのは、ファーストフード店の店員が倒れた椅子やテーブルを片づける傍らで、見知らぬ女性に介抱してもらっているところだった。

彼男がいつ店を去ったのかは記憶にない。これが電車で可愛子を見てから一週間後のこと。

次ページへ続きます

関連記事