過保護すぎる親で溢れた授業参観。ある児童の発表が全ての親の意識を一変させた・・・

過保護すぎる親で溢れた授業参観。ある児童の発表が全ての親の意識を一変させた・・・

とある学校の授業参観で…

昨今、モンスターペアレントや、

過保護過ぎる親が話題になっていますね。

そんな中、とある都内私立小学校の

授業参観での出来事が大きな波紋を呼んでいます。

 

その教室で行われていたある題材の作文発表。

発表中にも関わらず、子供を褒めたり

教室の清掃にケチをつけるなど

過保護すぎる親達の恐るべし発言の数々…

苦笑いしながら授業を続ける担任の先生。

その時、一人の生徒が手を挙げ、

次の発表をしたいと申し出ました。

≪スポンサーリンク≫

この授業で行われていた

作文発表の題材は「家族への想い」

手を挙げた生徒は、堂々と作文を読み上げます。

そしてこの生徒が発表した作文が、

教室の空気と過保護な親たちの意識を大きく変えたのです!

 

『信じあうこと』

「私は、家族が大好きです。
家族も、私のことが大好きです。
でも、たまに、とても悲しい気持ちになることがあります。」

「私の家族は、いきすぎだと思うほど、私のことを心配します。
この前、私は◯子ちゃんとケンカをしました。
私は、◯子ちゃんにいやなことをさせられました。
でも、私も○子ちゃんにいやなことをしたと思い、仲直りをしたいと考えていました。」

「その時に、お母さんは私に、あなたはわるくないと言いました。
◯子ちゃんがわるいんだから、あやまらなくていいのよ、と言いました。」

「とてもびっくりしました。
なんで、私もわるいのに、私はあやまらなくていいのかなって、そのときに思いました。」

「お母さんは、もしかしたら、私のことを信じていないのかもしれない、と思いました。
お母さんは、『自分の子供』ということを信じているだけで、『自分の子供だから』という理由だけで、私はわるくないと言っているんじゃないかな、と思いました。」

「そのとき、とても悲しくなりました。
お母さんは、私という人間のことを信じてくれているのかな、と心配になったのです。」

次ページへ続きます

関連記事