社会科教師「特攻隊はバカ。俺なら戦闘機でハワイに逃げてフラダンス踊ってる」俺「じゃあ先生は…」⇒ その教師は別の学校に飛ばされた

社会科教師「特攻隊はバカ。俺なら戦闘機でハワイに逃げてフラダンス踊ってる」俺「じゃあ先生は…」⇒ その教師は別の学校に飛ばされた

中一の頃の地理教師は今になって思えばバリバリの日教組だった。
本来の授業そっちのけで南京大虐殺について演説したり生徒にその手の本を回し読みさせたり、他にも同和やらなにやらについて語ることがあった。
恥ずかしながら俺はそれらを真に受けてしまったし、異論を挟むクラスメイトがいなかったところを見ると同様に真に受けてしまったものは少なくなかったと思う。

≪スポンサーリンク≫

そんなある日、彼は特攻隊員をネタに演説を始めた。
「国のために死ぬなんてバカだ。戦争やりたい奴だけに勝手にやらせて自分なら戦闘機のったままハワイに逃げてフラダンス踊ってる」と言い放った。
彼の演説を鵜呑みにしてた俺だが、さすがに自分だけハワイに亡命ってのには耳を疑った。
彼には奥さんも子供もいるのに。

そこで俺はこう質問した。

「先生が逃げたら、命と引き換えにしてでも沈めるはずだった敵の船はどうなるの?
日本に残した奥さんや子供が、生き残った戦艦の大砲とか艦載機で攻撃されても平気なの? それでもハワイに逃げてフラダンス踊るの?」

実際に敵艦隊がそういう作戦行動をとるわけではないだろうが、戦争から逃げるってのはそういうものだと思う。

次ページへ続きます

関連記事