【唖然】兄夫婦が赤子連れて帰省してきた。母「お隣りはタヒ産したばかりだから、その近くは赤ちゃん連れて歩かないでね」⇒ 兄嫁が無視して隣りの家に突撃しやがった・・・

【唖然】兄夫婦が赤子連れて帰省してきた。母「お隣りはタヒ産したばかりだから、その近くは赤ちゃん連れて歩かないでね」⇒ 兄嫁が無視して隣りの家に突撃しやがった・・・

こないだの連休、昨年子供が生まれた兄夫婦が遊びに来て、
赤ちゃん囲んで和気あいあいしてたんだけど。
母が、一つお願いしたいことが、と兄嫁に話をした。

「隣の家(と言っても超田舎なので数百メートル離れてる)の前を
赤ちゃんとお散歩しないようにしてね。
あそこのご夫婦、春に臨月で赤ちゃん死産してしまって、
お嫁さんは気丈にふるまっているけど、まだつらいだろうから・・・」

という話。

 

兄嫁さんは、ふうん、という顔をして、

「じゃあ、お散歩に行ってきます」

と赤ちゃんと外に出て行った。

そのままなかなか帰ってこなくて、兄と探しに行こうとしたら戻って来たので、
大丈夫ですか?道に迷ってました?て聞いてみたら。

兄嫁さん、そのお隣に赤ちゃん連れて行ってきたんだって。

≪スポンサーリンク≫

母も兄も仰天して理由を聞いたら、

「赤ちゃんが死んで寂しいだろうから、見せてあげようと思って」

と。

口が開いてふさがらないってこういうことかって思ったよ。

 

隣家のお嫁さんは、去年越して来たばかりだけどすごく性格の可愛い人で、
地域のじじばばみんなで妊娠を見守ってたんだ。

切迫流産とかで安定していなかったこともあって、
うちの母もよく様子見に言ったりおかず届けたりしてた。
私もすっかり仲良くなってた。

だから、死産の悲しみは何ていうか、我が家でも他人事じゃなかったんだよね。
お線香あげさせてもらいに隣家にお邪魔した時、リビングで
たくさんの花とおもちゃとお菓子に囲まれた小さな小さな骨壺を見た時には、
お隣さんはもう泣いてないのにこっちのほうが涙止まらなかった。

あの場所に、赤ちゃん連れてにこにこ出かけて行ったのか、と思うと、めまいがしたよ。

母は慌てて家を飛び出して、お隣さんに走って行ったけど、兄嫁はぽかーんだった。

次ページへ続きます

関連記事