【戦慄】「殺さないで」命乞いする少女を生き埋めに・・・「船橋少女生き埋め殺人事件」の衝撃の真相とは!?

【戦慄】「殺さないで」命乞いする少女を生き埋めに・・・「船橋少女生き埋め殺人事件」の衝撃の真相とは!?

千葉県船橋18歳少女生き埋め殺人事件

千葉県芝山町の畑で船橋市の野口愛永さん(18)が遺体で見つかった事件。

計画をしたのは、野口愛永さんと同級生で地元の幼なじみ少女A。野口愛永さんと少女Aの間には金銭トラブルなどがあったといいます。

少女Aが立てた計画を、井出裕輝容疑者(20)、中野翔太容疑者(20)、無職少年B(17)の3人が実行に移しました。

≪スポンサーリンク≫

事件の経緯は・・・

事件は2015年4月19日の夜、野口愛永さんが知人女性らと千葉県内の路上を歩いていたところ、男性から話かけられたところから始まりました。

野口愛永さんは一緒にいた女性に「迷惑がかかるから」と言い残し、抵抗することなく男性らの乗る車に乗り込んだといいます。

それ以来、野口愛永さんは行方不明になります。すると4月21日にある男性から警察に通報がありました。

「連絡の取れない少女がいて、埋められたという話がある」
「数日前から少女と連絡が取れなくなった。埋めたとか、埋められたとか、そんな話がある」

引用元: 生死無常事件史.com/千葉県船橋18歳少女生き埋め殺人事件犯人はなぜ少/

この情報提供を受け、警察が野口愛永さんの知人の少年らに事情を聞くと「少女は埋められた」との情報が得られました。

4月23日には野口愛永さんの両親から捜索願いが出され、監禁容疑で少女Aと少年Bを逮捕。その翌日の4月24日午後には、出頭してきた中野翔太、井出裕輝を逮捕しています。

供述により、成田空港に近くの千葉県柴山町を捜索し、深さ約1.5メートルの土中で野口愛永さんの遺体を発見し、殺人事件として立件されました。

そしてその後の裁判で、戦慄の殺害時の様子が明かされるのです…

次ページへ続きます

関連記事