【修羅場】宅配便を受け取ってる最中、ガス作業員が点検に ⇒ 実は、このガス作業員の正体は・・・

【修羅場】宅配便を受け取ってる最中、ガス作業員が点検に ⇒ 実は、このガス作業員の正体は・・・

マンションで一人暮らしの女性の部屋に・・・

ある女性の体験談からお話しします。
この女性は、もう少しで恐ろしい被害に遭うところでした。

マンションで一人暮らしをしていた女性の部屋に、
宅配便が代引きの商品を届けに来ていました。

宅配便のお兄さんと、受け取りや支払いのやり取りしているとき、
急に「○○ガスです。点検に参りました」と、ガス作業員が部屋に入ってきたそうです。

女性は「聞いていませんが・・・」と応答したのですが、
ガス作業員は「ポストに通知書を入れておいたのですが」と、そのまま部屋に居続けようとしました。

そのやり取りを見ていた宅配便のお兄さんの目が急に険しくなったことに、女性は気付きました。

≪スポンサーリンク≫

一人暮らしの女性は、異変に気付かない

部屋に訪れたガス作業員は「点検はすぐに終わります」と言ったので、女性は「お願いします」と言いました。

その時です。宅配便のお兄さんが言いました。

宅配便(お兄さん)

「あなた、身分証明書は?」
「財布とかに入れてるでしょ!」

少々、宅配便のお兄さんの口調がキツかったので、
女性は「カツアゲでもする気?」と感じたのです。

女性が不審に感じたのは宅配便のお兄さん。
逆にガス作業員には、全く不信感を抱きませんでした。

この女性、自分の感覚が間違っていたことに気が付くのは、後刻になります。

急に態度を変えた、ガス作業員

その宅配便のお兄さんの対応に慌てたのは、ガス作業員の方でした。

慌てて「帰ります」と言い出しました。
それを受けて、宅配便のお兄さんが畳みかけます。

宅配便(お兄さん)

「いや、待てよ」
(女性に)「今すぐに、警察に電話して!」

警察に通報するようにといいながら、
逃げようとするガス作業員を、廊下に追い詰めて組み伏せてしまいました。

ガス作業員は、大声で叫びました。

ガス作業員

「助けてください!」

そこに警察が駆けつけました。
双方から言い分を聴取した結果、
ガス作業員の正体が判明したのです!

次ページへ続きます

関連記事