トメ『あたしよ!貯金いくらある?300万都合してくれない?』私「どちらさま?」『自分の親がわからないの!?』「私の母は他界しました。振り込め詐欺ですか?」

トメ『あたしよ!貯金いくらある?300万都合してくれない?』私「どちらさま?」『自分の親がわからないの!?』「私の母は他界しました。振り込め詐欺ですか?」

午前中、携帯電話にトメから電話がかかってきました。
今日はたまたま休みでしたが、いつもなら仕事中の時間。
いきなりダミ声で「あたしよ!あたし!」と。

≪スポンサーリンク≫

それはまだいいとして、用件が「あんた、貯金いくらある?」
猫をかぶり続けてきた私、突然のことに「はぁ?」と返してしまいました。
が、トメは私の反応など気にも留めず、「300万ほど都合してくれない?」と。

義実家を建て直す→今はウトメが住んでいるけど、いずれは旦那の物になる
→だから金を出せ→旦那には既に話を通している→今日中に300万振り込め
・・・ということらしい。

次ページへ続きます

関連記事