病気になった旦那を捨てた。旦那「見捨てるのか?」 私「当たり前だろ」→ その後・・・

病気になった旦那を捨てた。旦那「見捨てるのか?」 私「当たり前だろ」→ その後・・・

モラハラ夫との生活

子供二人がいる家族四人暮らしでしたが、生活費(電気水道ガス以外)は毎週月曜日に一万円を支給されるのみ。
月曜日の朝に床に手をついてお願いして一万円を受け取ることから私の一週間が始まりました。
旦那は前日の残り物を出すことを絶対許してくれなかったので、ひと月四万円で食費や消耗品の全てを賄えるわけもなく…
独身時代の僅かな貯金は五年の結婚生活で消えました。
美容室は旦那(便宜上こう記します)が指定した日に年二回行くのを許可されていました。
化粧品は「しないと死ぬのか違うだろう」と買ってもらえませんでした。

社宅住まいで周りは会社関係の人間のみ。
嫁を働きに出してると言われたくない旦那は私が働くことを許しませんでした。

他にも旦那は子供を近所の公園に連れて行く目的以外の外出を認めませんでした。(食料などの買い出しは旦那も一緒。私が余計な物を買わないように監視する為)
何か出かける必要に迫られた時は旦那にメールして許可をもらわないとだめ(緊急の子供の病院等は別)、私の財布には二千円だけ入れるのを許可され、公園帰りに自販機でジュースを買っても逐一報告…
自販機で買っても信用ならないからちゃんと領収証が出るスーパーで買え(財布の残高にも監視が入ります。公園以外の外出は禁止のはずなのに)など。

≪スポンサーリンク≫

モラハラに気付いて・・・

この期に及んでも私はモラハラを受けていることに気づきませんでした。
それに気付くきっかけは子供達が幼稚園に行くようになって、お母さん同士で話すようになってからでした。

外出できる、人と会話ができるお迎えは雨の日も風の日も苦になりませんでした。
旦那は私の交遊関係が広がることが面白くなかったようですが、そこは自分の評価を下げたくない旦那、他のお母さんの前では表面上はにこやかにしてくれました。
気の合うお母さんと話をする機会が増えてくるうちに、同じ専業主婦のはずなのに大きな違いがあることがわかってきたんです。

その頃から旦那は周りのお母さんと比べて私を「みすぼらしいブス」「死神」「◯◯くんのお母さんを見習え」という言葉を浴びせるようになりました。
そして「あ?あ、俺も◯◯くんのお母さんみたいな嫁がよかったよ。このハズレ女が」と言われて何かが切れました。

他のお母さんが身綺麗なのは当たり前のように旦那さんが給料を渡し、その給料の中から美容室も買い物も最低限必要な化粧品を買うのも、自分の意志でできる。
お前がやらないことを他の旦那はやってる、私がみすぼらしいのは他でもない、お前のせいだ!

初めて反撃しました。
旦那は一瞬怯みましたが、私はすぐに顔をぶたれてふっ飛びました。
子供たちの目の前でです。
その時やっと、私に対する虐め、モラハラ、罵りは子供たちが見てる前で行われていたことに気付きました。

それからは早かったです。
2年ぶりに実家に電話をかけ、母に助けを求めました。

旦那は私と母が接触しないように裏で糸を引いていました。
私が至らないと母に苦情を入れ、私が母と祖父(母の実父)を悪く言ってると吹き込み、実家と私を疎遠にさせていたんです。
何十分もかけて今までのことを吐き出しました。
母も私も声をあげて泣きました。

そして母は冷静に「突然離婚を口にするな、逆上されるだけだ。子供が冬休みに入るまでの一ヶ月だけ耐えなさい」と言い、旦那が仕事でいない日時を指定してやり取りをしました。
こっそりお金も送ってくれた。ありがたいけど本当に情けなかったです。

そして、実家へ逃げる準備をしていた矢先・・・

次ページへ続きます

関連記事