【愕然】不当解雇されたから労働基準監督署に訴えた → その結果・・・驚愕の展開に!!

【愕然】不当解雇されたから労働基準監督署に訴えた → その結果・・・驚愕の展開に!!

会社から不当解雇された

上司から残業命令・休日出勤命令の連発で月80時間以上の残業が常態化し、会社の残業制限60時間を超えたので、命令していた上司ともども警告が来た。

しかし上から降ってくる仕事は減らず、人も減ったのでデスマーチ化。2か月後には、PIP(成果改善計画)の対象になった。

≪スポンサーリンク≫

至急改善しろとメールが来ても上司はそれを一蹴。PIP対象になったおかげで残業代も休日出勤手当も出なくなった。

3か月後、会議室に呼び出されて、初めて会う人から事実上の解雇を告げられた。

ロックアウト解雇ってやつで、セキュリティカードが無効化されてて、サインしなきゃ会議室から出られない状態でサインさせられた。

残業するなと上から命令が来てるのに、上司に聞いたら残業しろと命令されたのでそれを守ったら俺も上司もクビ。

労働基準監督署に訴えた!!

当然不当解雇にあたるわけで、労働基準監督署に訴えた。

すると労基署から会社に調査が入るわけだが、その調査に対する会社の回答は・・・

次ページへ続きます

関連記事