「10数年会ってない」有吉弘行が幼なじみの元相方・森脇和成を完全無視する衝撃の理由とは・・・

「10数年会ってない」有吉弘行が幼なじみの元相方・森脇和成を完全無視する衝撃の理由とは・・・

電波少年で絶大な人気を得た猿岩石

有吉弘行と森脇和成の2人でやっていたお笑いコンビ・猿岩石は、有吉弘行が森脇和成を誘って1994年4月に結成。

1996年4月から『進め!電波少年』の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」に挑戦し、空前の人気となりました。

≪スポンサーリンク≫

半年かけて10月にゴールした後は大ブレイクし、秋元康プロデュースで歌った『白い雲のように』はミリオンセラーを記録しました。

しかし人気は続かず、すぐに仕事は地元・広島のみになりローカルタレント化。

お笑い芸人志向の強い有吉弘行と、実業家志向があった森脇和成の方向性の違いから2004年3月に解散。森脇和成は芸能界を引退しました。

その後の2人は・・・

その後、有吉弘行は「毒舌あだ名」などで再ブレイクを果たし、人気者に。

一方、森脇和成はサパークラブの経営を経て、輸入卸会社のサラリーマンとして働いていました。

2015年3月放送のテレビ東京『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』に出演した時は、「芸能界に未練はない」と言っていたのですが・・・

2015年7月放送のテレビ朝日系『しくじり先生俺みたいになるな!!』に出演。そこでサラリーマンを辞め、芸能界復帰を宣言しました。

ところが・・・

次ページへ続きます

関連記事