【修羅場】私「明かりがついてる。旦那驚かしたろwww」 → 離婚へ

【修羅場】私「明かりがついてる。旦那驚かしたろwww」 → 離婚へ

離婚した時の修羅場

祖父から貰った2LDKのマンションを新居にすることは旦那(元は省略)も納得してたはずだった。

築20年と少し古かったけどオートロックで管理人が常駐してて、東京駅まで乗り換えなしで10分少々、駅近、スーパーもコンビニも近い、と立地としても抜群だったが、
旦那は最初のうちは、嫁所有のマンションはプライドがどうのこうのって嫌がってたものの
「じゃあ他でマンション借りてここは誰かに貸す?」って提案したら、やっぱり通勤に楽なのが魅力だったらしくて、ここに住んでふたりで頑張って働いて自分たちのマイホーム資金を貯めようって言われ、そして新婚生活をスタートさせた。

≪スポンサーリンク≫

私も旦那もガンガン稼いで2年で500万ほどの貯金ができた。

でも、結婚した頃には既に旦那には愛人がいたんだよね。
高校の時から付き合ってた人で、一旦は別れたけど私と出会ったあとに再会して二股掛けられてた。
彼女の家庭の問題で、結婚はどうしても出来なかったらしい。でもお互いに気持ちはずっとあったそうだ。
だったらせめて正直にそう話して、離婚を切り出してくれたほうが良かった。
できれば結婚前に打ち明けてほしかった。

結婚2年目、母が怪我したって連絡があったので仕事が終わったら実家に様子を見に行って一泊してくるって言っておいた。
たまたまその日は旦那も出張だと言うので、その日の夜はふたりとも留守なはずだった。
ところが、その日は仕事でトラブルがあって遅くまで残業になってしまい、実家に今日はいけそうにないから日を改めると連絡して帰宅した。

旦那は出張だと思ってるから、なんの連絡もせず帰宅したわけだが、そうしたところ私の部屋の窓に明かりがついている。
あれ?旦那も出張取り止めになった?と不思議に思いながら、どこかで何か予感があったんだろうと思う。
音を立てないように鍵を開けて、静かにリビングに向かった。
テレビの音がしてるからやっぱり旦那か、よし驚かしてやろう、そう思った。

そしてリビングのドアを静かに開けたら・・・真っ最中だった。
旦那より先に気付いた女の顔、今でも忘れない。
どんな美人でも、ああいう時ってあんなにマヌケな顔になるんだね。
それからはもう私の人生最大の修羅場。

引用元:sk2ch.net/archives/46603

次ページへ続きます

関連記事