【驚愕】迷走や理不尽な打ち切り・・・少年ジャンプ作品の酷すぎる最終回ランキングTOP10

【驚愕】迷走や理不尽な打ち切り・・・少年ジャンプ作品の酷すぎる最終回ランキングTOP10

最終回がひどすぎる少年ジャンプ作品トップ10

長期連載の人気作品を多数世に送り出している週刊少年ジャンプ。その一方で、早ければ10週で突然打ち切りになることでも有名です。

打ち切りになった作品の中には、ひどい最終回を迎えた作品もあります。

今回は少年ジャンプ愛読者に聞いた「ジャンプ作品で最終回がひどかった!」と思う作品のトップ10を公開いたします!!

≪スポンサーリンク≫

10位:『ライジングインパクト』(鈴木央)

1998年52号から連載を開始、1999年16号で一度打ち切られます。

しかし終了後の反響が大きく、1999年27号から設定は一切変えずそのまま連載を再開。

その後は2002年12号まで4年間連載が続くも、中途半端な形で打ち切り。完結編は『赤マルジャンプ』2002年春号に読切で掲載されました。

9位:『ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介)

2000年38号から2010年38号にわたって連載。

最終回で「ジャガーがカツラだった」という衝撃的な結末を見せて終了。

8位:『学糾法廷』(原作:榎伸晃、作画:小畑健)

2015年1号から2015年24号まで、21話で打ち切り。

写真のクラスメイトの顔を覚えていないという展開のラストが衝撃的でした。

最終22話は『少年ジャンプ+』2015年26号に掲載されています。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事