【自業自得】妹『父の退職金で二世帯住宅を建てる。今後はこの家に関わらないで』私「わかった」⇒ 遺留分以外全て放棄の書類に署名した。その数年後・・・

【自業自得】妹『父の退職金で二世帯住宅を建てる。今後はこの家に関わらないで』私「わかった」⇒ 遺留分以外全て放棄の書類に署名した。その数年後・・・

私は二人姉妹の姉で、母からは妹と差をつけられて育ちました。

といっても、虐待やネグレクトというわけではなく、単に相性の問題なのですが
妹とはいわゆるピーナツ母娘で、いつも賑やかにキャッキャしてるけど、
私とはソリが合わないという感じ。

私が二人が話しているところに加わろうとすると、
「え?」という表情で二人で顔を見合わせて黙り込んだり、
二人が出かける時に、母は一応私も誘うのだけど、
「行く」と言うとあからさまに迷惑そうにしたり という具合でした。

母と妹はよく一緒に出かけて、そのたびに妹は服とか色々買ってもらってましたが、
私が何か買ってもらうことはありませんでした。

それを不憫に思った父が私に何か買ってきてくれると、妹は「贔屓だ」と泣き、
母は「お前は姉なのに、妹がかわいそうじゃないのね。
あんたはそういう子だから…」と嫌味グジグジ。

≪スポンサーリンク≫

妹の方は、家から仕事に通っていましたが、こちらも縁あって結婚。
いわゆるマスオさん状態で、私の親と同居し、家事全般全部母にやってもらい、
子供が生まれたら、子育ても全面的に支援してもらっていたようです。

このころは私もたまに子供を連れて実家に行っていましたが、母は私の子と妹の子達とにも明らかな差別をしました。

文句を言うと、「自分で育てたような孫と、たまにしか来ない孫じゃ、可愛さが違うのは当たり前」と切れられたので
ついに私もこれまで溜まっていた不満を全部ぶちまけ(なぜか母はショックを受けていました)
もうあなたたちを親として見られない、自分は義両親を親と思って生きる、と言ってしまいました。

その翌年、父が定年になり、実家で食事会をするからと呼び出され、さすがに無視するわけにもいかず出席したところ、その場で妹から

「お父さんの退職金を使って、二世帯住宅を買うことになった。
大きめの注文住宅だから、退職金使ってもローンが残るけど、お父さんは手に職があるから年を取っても非常勤で働けるし、私たちも共働きだから大丈夫。
ただ、そういう事情だし、親のことを罵って、舅姑こそ本当の親だとほざいた姉さんに、今後家のことに関わって欲しくない。
家も土地も、すべての財産は私が引き継ぐ。姉さんには何もやらないって、お父さんもお母さんも言ってる。その代わり、両親の面倒は私が見る」と言い渡され、
両親に何かあった場合の遺産について、遺留分以外はすべて放棄する書面に署名するよう命じられました。

となりではウンウン頷く母、小さくなってる父。私は逆らわず署名して帰りました。

 

その後、妹は夢のマイホームに住み、家事は母に全部やってもらって、自分は好きな仕事をバリバリやってと、幸せな生活をしていたようです。

でも数年後、全てが変わりました。

次ページへ続きます

関連記事