【驚愕の結末】駅で見知らぬ年寄りを助けて、会社の入社試験に遅刻!面接官『帰れ!』俺「そんな…」⇒ すると・・・

【驚愕の結末】駅で見知らぬ年寄りを助けて、会社の入社試験に遅刻!面接官『帰れ!』俺「そんな…」⇒ すると・・・

大事な入社試験の朝

大学生活が終わると、就活と言う事になります。
大学を卒業する前に、就職活動をして入社する企業を決めないといけません。

就職するためには、入社試験を受けるのが必至です。
ある男性は、大学卒業を控え、一生懸命に就職先を探し、入社試験を受けていました。

男性は、中々、自分の希望する会社に就職が決まらず、
焦っていたのです。いい条件の会社の試験を受けることになり、
試験当日の朝、余裕を持って、自宅を出ました。

≪スポンサーリンク≫

入社試験を優先するか、高齢者を助けるか

そして地下鉄に乗り、目的の駅で降車した所、
改札口へ向かう階段で、異変に気が付いたのです。

高齢者の男性が、階段の下で蹲っていました。
苦しそうだったので声をかけました。

男性(試験会場へ向かう途中)

「お爺さん、大丈夫ですか?」

どうにも苦しそうに見えたので、心配の余り、
声をかけたのです。そうすると、「胸が苦しい」との訴えでした。

高齢者男性(苦しそう)

「急に気分が悪くなって・・・」

「少し、胸が苦しいし・・・」

この試験会場へ向かう男性は、
時間に追われていました。お爺さんを助けると、試験会場へ遅刻します。

心の中で、選択を迫られましたが、
人の助けになる方を選択しました。

階段を、お爺さんを背中に背負って、ゆっくりと上がりました。
そして、駅の改札を出て、タクシーを止め、
近くの病院へと、同行したのです。

所要時間は、40~50分かかりました。
余裕を持って自宅を出ましたが、目的の試験会場に着くと、
予定時刻を15分過ぎていたのです。

次ページへ続きます

関連記事