【愕然】朝日新聞への投書に愕然!!ゴミ収集業務で頑張ってる人への差別的発言に非難の嵐!

【愕然】朝日新聞への投書に愕然!!ゴミ収集業務で頑張ってる人への差別的発言に非難の嵐!

朝日新聞への投書!

朝日新聞に投書がありました。それは、ゴミ収集車の
作業を担当している方からのものでした。

そのごみ収集作業中に、住民から酷い発言があるそうです。

一部の心無い住民

「臭いから、早く持って行ってくれ」
「勉強してなかったから、そんな仕事をしてるんだ」

≪スポンサーリンク≫

この様な差別的な暴言を吐かれて、
我慢を強いられているとの投書でした。
あまりにも職業を差別した発言です。

職業を差別する発言に非難が殺到!

この投書を知って、SNSへ投稿された意見が多数寄せられました。

しかし、教師の中にも差別的な暴言を吐いている人がいるのだとか。

自動車工場見学は小学校の社会科の定番。昔、先生がラインで働いている人たちを指して「ちゃんと勉強しないとこういうところで働くことになるのよ」って聞いて、案内してた友人が憤慨してた。非常識な人間てどこにもいるね。

引用元:twitter.com/Harunchan123

ゴミを出しているのは、他ならぬ住民たちなのに…
それを忘れてはいけませんね。

3歳の長男は、ゴミ収集車がお気に入りみたいで、家の前を音楽を鳴らしながら来るといつも喜んでいます。私はいつも、「このおっちゃん達がゴミを集めてくれるから、町が綺麗なんだよ」と教えています。最近は息子が手を振ると業者さんも手を振ってくれるようになりました。いつも感謝してます。

引用元:twitter.com/kbrds015

社会の中では、誰かが負担しなければならない仕事があります。
それを理解すれば、ごみ収集の仕事も重要であることが分かります。

次ページへ続きます

関連記事