幼稚園の先生だった時。ある園児がいきなり私の腕を噛んできて、急いで病院に駆け込むレベルのケガを負った!⇒ その後、その子の両親「先生血液検査してください」

幼稚園の先生だった時。ある園児がいきなり私の腕を噛んできて、急いで病院に駆け込むレベルのケガを負った!⇒ その後、その子の両親「先生血液検査してください」

昔々、幼稚園教諭をやっていた。

ある年の春、入園5日目の担当クラスのある園児に腕をガッツリ噛まれた。
本当にガッツリと。血が噴き出して他の園児がパニック起こすほど。

≪スポンサーリンク≫

その時はお遊戯の準備を他の先生としていた時で、特にその園児と接触していなく、
噛まれた理由は全くわからなかった。
タタタッと来て、横から手首の少し上あたりをガブリとやられた。
「病院行って」と園長に言われ、行って止血や消毒してきた。

その夕方、呼び出された園児の両親が来て、
「うちの子は悪くないですうちの子は悪くないです(以下数十回ループ。本当に)」
「まだ子供なんです、ちょっと敏感な子なんです、だからしょうがないんです。先生、なにか刺激したんじゃないですか。
後、先生は病気とか持ってませんよね?うちの子に移ってると怖いので血液検査して下さい。
もしかしたらまた噛むかもしれません。でも子供なんだから許して下さい。でもそれが幼児教育ですよね」
とまくし立ててくれた。

次ページへ続きます

関連記事