【警告】台所のシンクに熱湯を流すとヤバいことになるぞ!!その驚愕の理由を知ってますか?

【警告】台所のシンクに熱湯を流すとヤバいことになるぞ!!その驚愕の理由を知ってますか?

台所のシンクに熱湯を流していませんか?

あなたは野菜やそうめん、パスタなど茹でた時、その茹で汁をどうしていますか?

ザルを使って茹でたものを受け止め、茹でたお湯はそのままシンクに流していませんか?

熱いお湯をシンクに流すと「ボコッ」と音がします。これ、じつは危険なサインなんです!!

≪スポンサーリンク≫

シンクに熱湯を流すと危険な理由は…

「ボコッ」と音がしたらシンクが変形するからでしょうか?

いえ、それは問題ではありません。

本当に危険なのは、シンクの下にある排水口の配管部分です。

この排水配管で使われているのは塩化ビニールのパイプです。

一般的には62~72℃で軟化するため、熱湯を大量に流すと何らかの変形をおこす可能性があり、場合によっては破損の可能性があるといいます。

また、塩化ビニール用の接着剤にはさらに低い温度で固まる製品もあり、接着部分から水漏れしたり、最悪の場合は外れてしまう可能性もあるとか。

そうならないためには、どうしたらいいのか…次のページでご紹介します。

次ページへ続きます

関連記事