【万能】コレも冷凍できるの!?製氷皿で冷凍する美味しくてお洒落な料理の裏ワザ6選

【朗報】コレも冷凍できるの!?製氷皿で冷凍する美味しくてお洒落な料理の裏ワザ6選

冷凍庫って本当にありがたいですね!冷凍保存することで、たいていの食材は美味しく保存することができます。

とはいえ、食品は何でも冷凍保存できるのか?と訊かれると・・・

残念ながらその質問には答えることはできませんが、その代わり、あなたが知らなかったかもしれない冷凍してもいい食材や、冷凍庫・製氷皿の活用法をいくつかご紹介します!

≪スポンサーリンク≫

1. 卵

賞味期限が近づいているのにまだ使い切れていない、そんな時におすすめしたいのが卵の冷凍保存です。製氷皿に卵をひとつずつ割り入れ、それぞれ優しくフォークでかき混ぜてから冷凍庫へ。

または、数個まとめて冷凍保存することも可能。まずは卵を割り、泡を極力立てないようにしながら溶きます。ミキサーを使う場合は「弱」に設定してください。解いた卵をフリーザーバッグに入れ、空気を抜いてとじます。後は冷凍庫に入れるだけ。何個分の卵液なのか忘れずにバッグに書いておくようにしましょう。

冷凍卵を使用する場合は、袋から取り出して軽く混ぜるか、袋をお湯に浸けて解凍します。フリーザーバッグが無い場合は、製氷皿やマフィン型などでも便利です。それぞれの穴に好きな数の卵を入れることができます!

2. レモンやオレンジ

柑橘系のフルーツをスライスして、マフィン型、もしくは製氷皿に入れます(製氷皿の場合はフルーツを細かく切ってください)。水を加え、冷凍庫へ。出来上がるのは、カクテルやジュース、水を冷やすのに便利なアイスキューブです!ミントを加えれば、さらにオシャレになります。

3. フレッシュハーブ

余ってしまったり、使い切れなかったフレッシュハーブも製氷皿に入れて冷凍保存することができます。ハーブを製氷皿に入れ、水ではなくオリーブオイルを加えて冷凍庫へ。ハーブは、凍らす前に刻んでおくのがおすすめです。使う時は、直接アイスキューブをフライパンへ投入!お肉や魚を焼く時に活躍します。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事