【豆知識】実はあまり知られてない!?男性も知っておくべき『女性ならではの特徴』9選

【豆知識】実はあまり知られてない!?男性も知っておくべき『女性ならではの特徴』9選

女性と男性はいくつかの点で大きく異なっています。X染色体の存在により、男女間には外見だけではなく、能力や感覚に違いがあるという科学的証拠も出ています。

以下に一般的な男女間の違い、特に女性ならではの特徴をご紹介します。違いは社会的なものや進化によって生じたものなどあり、もちろん全員に当てはまるわけではありません。でも大きな違いを知ることで異性を理解し、補い合えるようになればいいですね。

1. 口紅

女性のなかにも毎日口紅を塗る人もいれば、全く使わない人もいますが、ほぼ毎日使っている人は平均で年間2kg近くの口紅を食べていることになります。

この数字は、食事をしているときや、唇をなめているときに口紅が体内に入っていると仮定して割り出されたものです。これに基づけば、女性は生涯に平均約5,300本もの口紅を食べていることになります。

≪スポンサーリンク≫

2. 色彩

男女で色の見え方が違うってご存知ですか?カーペットやソファカバーについてどちらがいいかを話しあっているときに、「どっちでもそんなに変わらないんじゃない?」と答えて喧嘩になったことはありませんか?

女性は色の濃淡を男性よりも約20%多く見ることができるため、男性よりも色を詳細に見分けるのです。この違いは、先史時代に採集者であった女性が熟した果実と熟していない果実を区別していたためではないかと指摘されています。

3. 着心地よりもスタイルで選ぶ

服装にこだわる女性は多いですよね。服装の選択基準の違いについては、進化的な背景はなく、社会的な背景があります。女性は長い間、外見に関してメディアや社会の影響を受けてきました。そのため、女性の多くは着心地よりも見た目を重視しています。つまり、快適さを犠牲にしてもスタイルがよく見えることを求めてしまうのです。

4. アルコール耐性

お酒の飲み過ぎは男性にも女性にも有害で危険です。しかし女性は男性よりもアルコール耐性が低いため、男性よりも少量で肝障害などが発症する恐れがあることがわかっています。

これは体内の水分量と関係しています。アルコールは血液や体内の水分に溶け込みます。女性は男性よりも一般的に体脂肪が多く、水分量が少ないため、血中のアルコール濃度が高くなる傾向があります。そのため女性は男性よりもアルコールが体に長くたまりやすいのです。

 

※まだまだ続きます…!

次ページへ続きます

関連記事