【徹底解説】仕事もせず女に貢がせる男を「ヒモ」と呼ぶけど、その語源や意味って知ってる!?

【徹底解説】仕事もせず女に貢がせる男を「ヒモ」と呼ぶけど、その語源や意味って知ってる!?

「ヒモ」と呼ばれる人は、女性に貢がせるろくでもない男性のことです。

しかもそんなヒモに限って謎にモテることが多く、女性の中にはむしろそういう男性に貢ぐことに喜びを覚える人もいます。

ただ、よく考えると「ヒモ」という言葉は謎が多いですよね。そこでここではヒモの意味や語源、さらに似たような言葉である「ジゴロ」との違いなどをご紹介します。

ヒモの意味とは?

「ヒモ」とは、主に男性が女性を働かせ、金銭を貢がせたりすることを意味します。

女性の部屋に住んで生活している男性の中で、養ってもらっている人をヒモと呼ぶことが多いですね。

ヒモ男

女性に面倒を見てもらっている男性を「ヒモ男」と呼びます。また、単にそういう男性を指して「ヒモ」とだけ呼ぶこともあります。

あくまでも女性に貢がせる男性のことであり、女性に貢ぐ男性を表す言葉ではありません。

ヒモ女

男性の面倒を見ている女性を「ヒモ女」と呼びます。また、そういう女性を指して「ヒモ付き」と呼ぶこともあります。

注意してもらいたいのは、ヒモ女とは男性に貢がせる女性のことではない点です。

視点によって意味合いが変わり、主に男性に貢ぐ女性のことを表す言葉となります。

ヒモの語源・由来

本来の紐という言葉は何かを縛ったり括ったり結んだりする細長い道具を意味しており、ヒモ男やヒモ女を連想することはありません。

しかし、古くから男女の繋がりを紐に例えることが多く、そこからヒモという言葉が生まれたと考えられています。

元々は貢がせる意味はない

古くから夫婦や恋人が別れる際、お互いの紐を解いて結び合い、再び会う日までその紐を解かないという誓いの意味で「紐」という言葉が使われていました。

それらの背景があり、かつては一見すると独り身のように思われる女性に恋人がいることを「紐が付いている」と表現していました。

もともと紐という言葉自体に、貢がせるという意味はなかったわけです。

しかし、現代に進むにつれて夜の店で働く女性などに対し、特定の男性がいないと思っていたのに恋人がいる状態のことを「ヒモ付き」と呼ぶようになっていきました。

まさに裏にいる男性が手を引いて女性に働かせて貢がせているという状況。そこから、その行為自体を「ヒモ」と呼ぶようになったそうです。

もしくはそうさせている男性を「ヒモ」と呼び、女性を「ヒモ付き」と呼ぶようになったといわれています。

ただ、主に婚姻関係にある専業主婦はヒモとは呼びません。その一方、専業主夫であれば皮肉を込めてヒモと呼ばれることもあります。

ところで、似たような言葉で「ジゴロ」というのがありますが、何が違うのでしょうか?

次ページへ続きます

関連記事