【悲報】ヒロミ、‟消したい過去”エピソードを披露するも「胸クソ悪すぎる」の声!批判が続出した理由とは・・・

【悲報】ヒロミ、‟消したい過去”エピソードを披露するも「胸クソ悪すぎる」の声!批判が続出した理由とは・・・

ヒロミが『行列』出演で…

タレントのヒロミが、5月17日に生放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にゲストとして出演したときのことです。

過去に出演した番組のエピソードを語ったのですが、ネット上では批判の声が上がっているようです!

一体どのようなエピソードだったのでしょうか!?

≪スポンサーリンク≫

ヒロミが語ったエピソードとは…

この日の番組では「消したい過去あります&生告白SP」と題し、出演者たちが消したい過去などを生放送で告白していく内容を放送。

ヒロミは2017年に放送された、アスリートたちの過去を振り返り〝あの時に戻れたら?〟と問う番組『人生が二度あれば 運命の選択』(日本テレビ系)に出演した時のエピソードを披露。

最初に「僕自身じゃないんですけど、これまでの仕事の中ですっごく印象に残ったのがあるんですよ。これスゴイいい話で」と切り出しました。

同番組でヒロミは、高校サッカー県大会決勝で起こった〝水島VS作陽の誤審事件〟の当事者である水島工業の宮本寛氏にインタビューしたそうです。宮本氏へ当時の心境などを聞く実際のインタビューVTRも紹介され、この出来事が忘れられないと語ったのでした。

この〝水島VS作陽の誤審事件〟とは、2002年11月の高校サッカー岡山県大会決勝戦で、水島工業と作陽高校が対戦した際に起こった事件。

試合は1対1のまま延長戦に突入。作陽・青山敏弘氏のシュートが決まり、作陽の勝利が決まりかけていました。しかしボールがゴール奥の支柱に当たって跳ね返ってきたことから、宮本氏はシュートが決まっていないと勘違い。

審判もノーゴールと判断し、宮本氏はそのままプレーを続行したのです。そしてPK戦までもつれ込んだ末、水島工業が勝利を収めました。

ところが試合後、当然のごとく…

次ページへ続きます

関連記事