【唖然】東須磨小の教員間暴行・いじめ問題 → 加害教諭が起訴猶予!!保護者「疑問拭いきれず」

【唖然】東須磨小の教員間暴行・いじめ問題 → 加害教諭が起訴猶予!!保護者「疑問拭いきれず」

神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題。

加害者の顔までネットで曝され、大炎上した事件。

神戸地検は加害者の元教諭ら4人を、犯罪事実を認めつつも刑事責任を問わない起訴猶予処分とした。

≪スポンサーリンク≫

 

この事件が発覚した当時、様々な人たちがコメントを出していました。

▼武井壮

武井はこの「いじめ」との表現に疑問を呈し、「学校で行われているから“いじめ”って言葉を使っているのかもしれないけど、シンプルに犯罪だと思う」。また、加害者側の行為は罪状が付けられるとし「教育の現場で行われていたのは、異常性がある」と不快感を示した。

出典:スポニチアネックス

▼立川志らく

この問題について、落語家の立川志らく(56)は「こんなのは名前を出すべきですよ」と主張。「今月から謹慎って、先月まで授業したって、こんなものの分からない先生たちが。全部それはうわべだけですよ。人として最低なんだもん」と語った。

そして教諭たちの処遇については「もうこれは解雇すべきですよね。こんな人にはいじめの指導なんかしてもらいたくないし、授業もしてもらいたくなんかない」と厳しい処分を求めた。

出典:東スポ

▼水谷修(夜回り先生)

しかし、これは、「いじめ」なのでしょうか。激辛カレーを身体や目にこすりつける行為は、傷害罪に当たる行為ですし、車を傷つける行為は、器物損壊に当たり、立派な犯罪です。現在までの報道では、神戸市教育委員会は、あくまで学校という場での「いじめ」問題として扱いたいようですが、これはおかしい。きちんと、警察の力を借りて、犯罪として立件すべきです。

出典:まいどなニュース

▼ヒロミ

タレントのヒロミ(54)は「学校の中で起きると、いじめだとか言い方をするけど、完全に暴行とかいう次元じゃない」と断罪し、「本当は逮捕しちゃえばいいと思う」とした。さらに「学校のいじめも、すぐに警察がすぐに行った方がいいと思うの」と私見を述べた。

出典:スポーツ報知

実際、誰がどう見ても「いじめ」というより、もはや「犯罪行為」であったことは明らかだった。

にもかかわらず、今回下された起訴猶予の決定。

いったいなぜなのか。

次ページへ続きます

関連記事