「もうパニックでした!!」⇒ 森三中・大島美幸、黒沢かずこの新型コロナ感染を振り返る

「もうパニックでした!!」⇒ 森三中・大島美幸、黒沢かずこの新型コロナ感染を振り返る

エッセイスト・阿川佐和子さんのトーク番組「サワコの朝」(MBS・TBS系、土曜午前7時半)5月30日放送回に、お笑いトリオ「森三中」の大島美幸さんが出演しました。

番組では大島美幸さんが、今年4月に「森三中」のメンバー黒沢かずこさんが新型コロナウィルスに感染したことが判明し、ある日、突然“濃厚接触者”となった当時を振り返りました。

≪スポンサーリンク≫

黒沢さんがまさかの陽性…

大島美幸さんは「どうしようって思った。パニックでした。」と当時の心境を明かし、一歩も外に出ることなく自宅で過ごした、2週間に及ぶ観察期間について語りました。

黒沢かずこさんは4月3日に陽性が判明しました。

すぐに連絡をもらったという大島美幸さんは「心の中では『いや、コロナではないよ。周りにはそういう人いないし』と思ってたら『陽性』と。えーっ!?って。」と、全く予想していなかったと明かしました。

黒沢かずこさんと一緒に仕事をしていた大島美幸さんも濃厚接触者となりましたが、当時の心境を「取りあえず旦那(鈴木おさむさん)に電話しました。仕事場で会った方もいらっしゃるし、仕事帰りに(4歳の息子の)保育園のお迎えにも行けない。あの人としゃべっちゃった、どうしようって。もうパニックです。」と回想しました。

その後、PCR検査は受けませんでしが2週間、自宅待機だったそうです。

次ページへ続きます

関連記事