【修羅場】私は毒両親から逃げるように嫁いできて、義両親の助けもあり両親とは絶縁状態。しかし、私両親に偶然出会った義兄嫁が義実家の住所を漏らした

【修羅場】私は毒両親から逃げるように嫁いできて、義両親の助けもあり両親とは絶縁状態。しかし、私両親に偶然出会った義兄嫁が義実家の住所を漏らした

嫁に行ったからという理由で毒両親とは携帯以外の繋がりが無い(動向がわからないと備えられない)状態になることに成功。
ありがたいことに夫はもちろん義両親の協力も得て、
定期連絡以外では毒両親の影を感じずに済んでいました。
義両親は上品な感じなのに、義父の部下が毒親持ちで大変な苦労をしていたのをサポートしていた経験から、私の事情も理解してくれています。感謝しかない。
そんなこんなで結婚して3年。私の人生の中で圧倒的に幸せな時間を過ごしていました。

≪スポンサーリンク≫

コトの起こりは元旦。なんと、義実家に毒両親から年賀状が届いた。
私たちは入籍だけで式はしておらず、毒両親の要求で形だけやった両家顔合わせも毒親の住んでいる地域でやったりと、義実家の住所は毒両親に漏らしていない。
私たち夫婦は世間が休みの日ほど忙しくなる仕事なので、義両親が気を遣って伏せていたため、その事実を知ったのは4日になってから。
正直、血の気が引きました。
が、今年は5日6日が土日のため、その日にできる事は無く、翌日から不安なまま仕事。昨日、義実家に作戦会議を兼ねた新年の挨拶をしに行きました。

義実家に着くと義兄夫婦と子供たちが先にいました。
新年の挨拶をしていると出前のお寿司(義母は本人も認める料理下手なので集まるときは基本出前)がきたので配膳をして、お昼を頂きながら義実家恒例行事の新年の抱負宣言(夫兄弟の小学校時代の宿題だったのが習慣化)がはじまりました。
宣言、といっても軽いもので、義父は碁会仲間ともっとLINEをしてスマホの操作を覚える。義母は自分の料理で義父に美味しいと言わせる。みたいなものです。
和気あいあいと進んでいたのですが、そこで義兄嫁が「(私)ちゃんとご両親を仲直りさせる!」と高らかに宣言しました。

義両親や義兄が何を言ってるんだと騒然としているあいだ、なんだか私は急に気持ちが凪いでしまってボーッと義兄嫁を見ていました。
なんか、 すごいいい顔してました、義兄嫁。

次ページへ続きます

関連記事