【ネット誹謗中傷問題】木村花さん死去で「心配になってきた」と『中傷加害者』らによる弁護士への相談急増!?「罰を受けて痛みを知る必要が」の声も・・・

【ネット誹謗中傷問題】木村花さん死去で「心配になってきた」と『中傷加害者』らによる弁護士への相談急増!?「罰を受けて痛みを知る必要が」の声も・・・

恋愛リアリティー番組『テラスハウス』の出演者だった女子プロレスラー木村花さんが死去したことを受け、ネットの誹謗中傷などに対して、法的措置も辞さないことを示唆する有名人が増えているという。

こうした中、自身の書き込みに不安を覚えた「中傷経験者」からの弁護士への相談件数も急増しているようです。
弁護士ドットコムにも 23日以降、「この内容は名誉毀損になるか」「書き込みから時間がたっているが、特定される可能性はあるか」といった投稿が10件以上寄せられています。

≪スポンサーリンク≫

「軽い気持ちで投稿してしまった」「興味本位で書き込みに参加」

ある男性は、地域密着型の掲示板に知人を誹謗中傷する書き込みをしてしまったという。
「軽い気持ちで投稿してしまい、反省しております。ただ、金銭的な余裕がなく、このまま他の投稿に埋もれてくれればと考えています。本人が気づいて、ログから自分が特定されないか不安です」

同じく特定リスクを気にする別の男性は、誹謗中傷を書き込んだ心理について、次のように弁解しています。
「お恥ずかしい話ですが、当時は名誉毀損などのリスクがまったく頭になく、興味本位で書き込みに参加してしまいました」

弁護士「木村さんのニュースの影響」!? 「訴えられるかも」と不安に…

YouTuberとしても活躍する藤吉修崇弁護士のもとにも、23日以降、同種の相談が増えているという。

「ググっと増えましたね。木村さんのニュースが世間に与えた影響は大きいなと感じました」

引用元:hachi8.me/hana-kimuras-death-worried/

ネットの誹謗中傷事件を、イヤというほど扱ってきたという藤吉弁護士。「加害者」に対しては、

「本当になんでそこまで書いてしまったんだという思いはありますね」

引用元:hachi8.me/hana-kimuras-death-worried/

と苦言を呈します。

一方、言論が制限されることも危惧しているといいます。たとえば、弁護士ドットコムに寄せられた投稿にこんなものがあったのだとか。

次ページへ続きます

関連記事