【唖然】「アベノマスク」全国から寄贈が殺到!?回収団体も「想定外の多さ」に「国会の前に回収ポスト置いて」の声も…

【唖然】「アベノマスク」全国から寄贈が殺到!?回収団体も「想定外の多さ」に「国会の前に回収ポスト置いて」の声も…

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、安倍晋三首相の肝いりで政府が全世帯に配布する布マスク。

一時のマスク不足が解消しつつあるなかで届き始めた「アベノマスク」には、「税金の無駄遣い」などと批判も強いが、「不要」な人から回収して「必要」な人に届ける活動に取り組む名古屋市のとある団体。

そこへ、全国から寄贈が殺到しているそうです。

≪スポンサーリンク≫

「家族用には手作りしたので不要です」と持ち込み!?

医療や介護の事業者らでつくる「なごや高齢者見守りネットワーク(みま~も名古屋)」が主催し、15日から回収活動を行っているキョーワ薬局御器所店(名古屋市昭和区)。29日、マスクを必要とする介護施設や障害者施設などへの発送に向け、仕分けや検品、箱への詰め込みを行いました。

キョーワ薬局は愛知、三重、岐阜、静岡の4県の計86店舗に回収箱を設置。未開封や未使用のものを対象に、一般のマスクも含めて6月30日まで回収しています。寄せられたうち 9割がアベノマスクで、約3千組(2枚1組)にのぼります。国は1世帯1組、約6千万組を全世帯に配布中。

関東や関西、九州などからも寄せられ、「みま~も名古屋」副代表の池田裕樹さんは「回収箱の前で記念写真を撮る人もいた。想定外の多さだ」と驚きます。

次ページへ続きます

関連記事