【衝撃】母の遺言『1億円の預金は長男に』跡取りの俺「少なすぎる!会社や土地もあるだろ!」姉「裁判してもいいよ」⇒ とんでもない事実が判明した

【衝撃】母の遺言『1億円の預金は長男に』跡取りの俺「少なすぎる!会社や土地もあるだろ!」姉「裁判してもいいよ」⇒ とんでもない事実が判明した

誰も書いていないようなので書かせてもらいます。

俺…40歳 会社員
姉1…56歳 医者
姉2…55歳 弁護士
姉3…53歳 公認会計士

今年の頭に80歳で母親が他界した。

≪スポンサーリンク≫

母は、ここ3年ほど心臓が悪くて入退院を繰り返していたが、
俺の嫁と母はあまり合わないようだったので、
ほとんど見舞いに行くこともなく、
母の面倒は姉たちが見ていた。
そうはいっても、もともとしっかり者だった母なので、
一人で実家に住み続けてた。

俺の姉は3人とも優秀で、
3人とも旧帝を出て一番下の姉以外は独身だ。
俺の家は地元に行けば
知らない人はいないくらいの商売をしていて、
本家筋になる。

俺はいつもきちきちとした母が苦手で、
その母に一番似ていた姉1も苦手だった。
姉3人とは別に仲は悪くなかったが、
仲がいいってほどでもなかった。
年が離れていたせいもあり、
勉強は教えてもらうことはあったが
遊んでもらうことはほとんどなかった。

特に一番上の姉は、
「きちんと勉強してしっかりした仕事につきなさい。」
とよく言われていた。

次ページへ続きます

関連記事