【朗報】今夜から使える1分で眠れる睡眠の裏技とは・・・これでぐっすり眠って不眠症も解消!!

【朗報】今夜から使える1分で眠れる睡眠の裏技とは・・・これでぐっすり眠って不眠症も解消!!

みんな睡眠に悩んでいる

「熟睡できない」「寝つきが悪い」「何度も目が覚めてしまう」「日中に猛烈な眠気に襲われる」etc…こんな悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?

現代人にとって睡眠マネジメントは重要な問題です。最近、テレビや雑誌、本などでも睡眠に関する特集が組まれることが多いのもそんな傾向を表していると言えます。

熟睡するためにはまず寝つきを良くしたい、そう望む人にとって試してみる価値大なのが「4・7・8呼吸法」というもの。

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、じつはこれ、誤解している人も多いのだとか…。

≪スポンサーリンク≫

「ハーバード発呼吸法」は「4秒、7秒、8秒」ではない?!

ハーバード大学出身で現在アリゾナ州立大学教授のアンドルー・ワイル博士が提唱した「478呼吸法」ですが、”4秒鼻から吸って7秒停める、その後8秒かけて口から息を吐く”と紹介されている場合もあります。


アンドルー・ワイル博士

一般的に知られている「ハーバード発呼吸法」は…

(1)口を閉じ、鼻で息を吸いながら4秒数える
(2)息を止め、7秒数える
(3)8秒数えながら口から息を吐ききる

(4)1~3を1セットとし、計4回繰り返す

引用元: pixls.jp/I0000100


※日本語字幕はありません

しかし、この方法は試してみると意外に苦しくって却って目が覚めてしまうという人も多いといいます。

どうも秒数をカウントしてるように思われていますが、どうやらここが違うようです。

その「誤解のもと」となっているのは…

次ページへ続きます

関連記事