ある男性がエレベーターに乗り込んだ瞬間、鉢合わせした子連れのお母さんの『ひと言』に胸がえぐられる・・・

ある男性がエレベーターに乗り込んだ瞬間、鉢合わせした子連れのお母さんの『ひと言』に胸がえぐられる・・・

2児の父親である、てゆんた(@teyunta1123)さん。

ある日、エレベーターに乗り込んだ際に、外国人と思しき子連れの母親と鉢合わせたといいます。

それまで流ちょうな外国語で子供と言葉を交わしていた母親。てゆんたさんが乗り込んできた瞬間に、我が子に向かってこう告げたのです。

≪スポンサーリンク≫

その一言とは…

「シズカニ、シズカニ シナサイ」

てゆんたさんは、たどたどしい日本語でつむがれた「静かにしなさい」という言葉に、胸がギュッとつかまれるような心地がしたといいます。

きっと母親は、日本で周囲から我が子の行動を非難され、肩身の狭い想いをしたことがあるのでしょう。

てゆんたさんは、母親の行動にいてもたってもいられなくなります。自身もバス内で泣く1歳の息子さんに対し、舌打ちをされたつらい経験があったからです。

少し悩んでから、てゆんたさんは母親に日本語で話しかけるも、言葉は通じません。

そこで、英語で「僕にも同じくらいの子供がいます。1歳です」と伝えると、母親は少し驚いた後、ニッコリと笑って小さく拍手をし、我が子に何かを告げました。

そして扉が開くと、母親は会釈をして降りていったそうです。

次ページへ続きます

関連記事