【目からウロコ】精神科の先生に「自己肯定感ってどうやったら上がるんですか?」と聞いたら・・・→ 返ってきた答えが衝撃的過ぎた!

【目からウロコ】精神科の先生に「自己肯定感ってどうやったら上がるんですか?」と聞いたら・・・→ 返ってきた答えが衝撃的過ぎた!

「自己肯定感」という言葉をご存じでしょうか。

自己肯定感とは、簡単に言うと、自分の存在を肯定的に受け止められる感覚のこと。自己肯定感が高いと感情が安定し、人生で起きるさまざまなことをポジティブにとらえられるといいます。

自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり、自尊心(英語: self-esteem)、自己存在感、自己効力感(英語: self-efficacy)、自尊感情などと類似概念であり同じ様な意味で用いられる言葉である。現在、これらの言葉は多義的に用いられることが少なくなく、結果としてあらゆる肯定的な心理的要素を表現する包括的名称(umbrella term)となっているという指摘がある。

引用元:Wikipedia

たしかに「前向きに生きていく」においては欠かせない感覚のようです。

≪スポンサーリンク≫

逆に自己肯定感の低い人は「自分なんてダメだ」という感覚にとらわれ、ネガティブになりがちです。

ただ、実際には自分を認めたり、褒めたりするってあまり簡単なことではないですよね。

自分に自信があるというよりは自信がないという人の方が圧倒的に多いように思います。

とある女性は精神科の先生に自己肯定感を高めるにはどうしたらいいのかと質問したところ、こんな回答が返ってきたそうなのですが…その回答がとても考えさせられると話題になっています!

話題のツイートがコチラ!

な・・・なるほど!ですね。

すごく深い意味を感じます。

次ページへ続きます

関連記事