【恐怖】これは覚えておいて欲しい!看護師が教える「交通事故に遭ったら絶対にやってはいけない事」とは・・・

【恐怖】これは覚えておいて欲しい!看護師が教える「交通事故に遭ったら絶対にやってはいけない事」とは・・・

車はとても便利なものですが、注意しないといけないのが交通事故です。

事故といっても、車同士もあれば自転車やバイクとの接触、人を撥ねてしまう事故も。

今回、あるTwitterユーザーさんが投稿した「事故に遭ったとき絶対にしてはいけないこと」が、やりがちで怖すぎるのでご紹介したいと思います。

≪スポンサーリンク≫

「事故に遭ったとき絶対にしてはいけないこと」とは

事故にあって絶対にやってはいけない事、それは・・・
事故の後に自分で「なんでもない」と判断してしまうこと
確かに事故の後は気が動転していて、自分の身体の変化に気づきにくいものです。

事故直後は大抵の人は、突然のアクシデントに遭遇した事で興奮状態にあります。
そんな時には脳内にアドレナリンという物質が放出され、痛みが軽減されるわけです。つまり興奮状態になった人間は痛みを感じにくくなっているので、事故によって結構な怪我を負ってしまっていても、それを自覚出来ない人は珍しくありません。

さらに子供の場合・・・

子どもは事故にあったことを隠す傾向があり、より一層危険なのだとか。現場に遭遇したら必ず救急車を呼びましょう。

素人の自己判断ほど怖いものはないということですね…!

次ページへ続きます

関連記事