「タンクトップを着て車を運転してはいけない」18歳の少年が語る、母に教えられた『若い黒人が守るべき16のルール』が衝撃過ぎる・・・

「タンクトップを着て車を運転してはいけない」18歳の少年が語る、母に教えられた『若い黒人が守るべき16のルール』が衝撃過ぎる・・・

「いってきます」いつものように学校へ、職場へ、あるいは日課のジョギングに出かけた家族がもう2度と帰ってこないかもしれない…。

そんな悲劇がいつなんどきでも起こり得る日常を、想像することはできますか?

米国テキサス州ヒューストン在住の18歳、キャメロン・ウェルチの日常生活は常にそうした不安と隣り合わせにあります。アメリカに生きる黒人男性として、安全に暮らすために守るべき暗黙のルール16をキャメロンは幼い頃より母親から言い聞かされてきました。

≪スポンサーリンク≫

「黒人が守るべき暗黙のルール16」とは…

5月25日にミネソタ州で警察官に首を押さえつけられて亡くなった黒人男性ジョージ・フロイド氏の事件を発端に、黒人差別に対する抗議デモが全米各地に広がっています。

「今この時に、声を上げなければいけない」その思いから、キャメロンが投稿した動画が世界中で大きな反響を呼んでいます。

この投稿をInstagramで見る

blue laces🛴🅿️

cam ig 🪐(@camig.ftp)がシェアした投稿 –

キャメロンが動画でシェアした、母から教わった「黒人が守るべき暗黙のルール16」を紹介します。

1. 手をポケットに入れてはいけない。

2. パーカーのフードをかぶってはいけない。

3. シャツを着ないで外出してはいけない。

4. 自分の居る場所を家族や大切な人に知らせること。たとえ通りを歩いているだけでも。

5. 遅い時間まで外出しない。

6. 買わないものは触らないこと。

7. 何かを買ったらレシートかレジ袋なしで店を出てはいけない、たとえガム1個でも。

8. 誰かと口論をしているように見せてはいけない。

9. 身分証明書なしに外出してはいけない。

10. タンクトップを着て車を運転してはいけない。

11. ドゥーラグ(主に黒人が頭に巻く薄い生地の白や黒のバンダナ)をつけて車を運転してはいけない。

12. タンクトップを着たり、ドゥーラグを巻いて公共の場へ出かけてはいけない。

13. 車に乗るときは音楽を大音量にしてはいけない。

14. 白人の女性をジロジロ見てはいけない

15. 警察に止められて職務質問されたら、反論してはいけない。協力的であること。

16. 警察に車を停止を命じられたらダッシュボードに両手を置いて、運転免許証と登録証を出してもいいか尋ねること。

動画はこちらです(英語音声のみ)

日本で暮らしていると全く想像がつきませんね…

次ページへ続きます

関連記事